●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2007年12月29日(土)

[]図書館革命

[著者:有川浩/イラスト:徒花スクモ/メディアワークス]★★

図書館革命

図書館革命

 シリーズ最終巻。稲嶺司令勇退の影響により見せ始めた図書館変革の兆し、何処かでケ
リをつけなければならないメディア良化法問題、「いい加減ハッキリさせろや!」と強く
背中を押したくなる程にじれったい郁と堂上のベタ甘恋愛模様……完結編はこの三つのど
れかに焦点を絞って来るのかな〜? と事前予想してたのだけど、読後の感触はほぼ均等
配分で満遍なく楽しめたかなと思う。スッキリ気持ちよく一挙解決……とは行かないまで
も(とりわけメディア良化法絡みは大打撃与えたにしても完全に根絶したわけじゃないか
らねぇ)、怒涛の如く駆け抜けて最後は収まるべき所に落ち着いてくれてホッとした。
 中でもケリがついて一番ホッとさせられたのは勿論郁と堂上の事。文字通り奪う様なキ
スして告白なんて郁らしいなぁとか、騒動の勢いに上手く乗って一気に決めちゃったなぁ
とか、あれやこれやと思いつつ最後は「良かったな〜」と。……しかし、ラストシーンの
あの激甘新婚さんは何なんだ一体? 『篤さん』とか『郁』とか名前で呼び合ってやがる
し! 顔を合わせりゃ舌戦を繰り広げていた二人に何があった? 惜しむらくは告白して
からそこに至るまでの過程が省略されていた事くらいか。どうせじゃれ合うばかりっての
が容易く想像出来てしまうのだけど、経緯が凄く知りたい。何処かで描いて欲しいなぁ。

既刊感想:図書館戦争
     図書館内乱
     図書館危機

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20071229/1198891127