●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年01月08日(火)

[]人類は衰退しました2

[著者:田中ロミオ/イラスト:山崎透/小学館 ガガガ文庫]★★

人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫)

人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫)

 今回は主に“妖精さんのアイテム”とのコミュニケー
ション。上手な付き合い方編、とでも言えばいいのかな?
 「決して人間に害を与える意図で制作しているのでは
ないから大丈夫」と、確か主人公の調停員さん(結局今
回も名無しの娘さんのままだった)は幾度かこんな風な
事を言っていたような。……いやいやちょっと待って!
 彼女のその身に受けた事を考えると結構実害出てない
かい? あーでも妖精さん達が作った物が超絶にヘンテ
コな効果を発揮するだけで、害が及ぶかどうかは使う人
次第って事なのかこれは。
 別に誰かに害を及ぼしたいと思って色々な物を生み出
してるわけでなく、しかしながら無邪気に無意識の内に
出来てしまっている(らしい)ので、用途不明なままそ
こら辺にポンポン投げ置かれていると意外に性質が悪い。
調停員さんも基本のほほんお気楽極楽な性格してるから、
妙な効果に触れながらも(身体縮小&知能減退に時間旅
行)楽しんでいる節があるんだけど、不意打ちのように
切実に「たすけて……」とか懇願されたらドキッとして
しまうよなぁ。まあどちらのエピソードも大事に至らな
くて良かった良かった。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080108/1199793678