●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年01月24日(木)

[]繰り世界のエトランジェ 第一幕 糸仕掛けのプロット

[著者:赤月黎/イラスト:甘福あまね/角川書店 角川スニーカー文庫]★

 第11回スニーカー大賞『奨励賞』受賞作。この主人
公……こいつはマザコンだ! って思ってたら見事に敵
に指摘されてて苦笑が漏れた。ま、透真にしてみりゃ母
の消失は一大事だろうから、鼻で笑ってからかったりし
たら本気で操られた挙句バラバラにされそうだけど。
 しかし、この母・操への執着心は今後危険が伴って来
そうな気もする。まだ漠然となんだけど、ラストがこん
なだったからかな? あまり引き摺られ過ぎると透真の
身を滅ぼしかねないような、そんな不安感。もっとも、
操が今どんな状況であるかはまだハッキリ掴めてないの
で、これからの透真との位置関係に注目してみたい。
 あとはカタナと『神の手』の事。冥に関しては今回だ
けで殆ど隠れていた部分が剥がされたけど、カタナの方
はサッパリだったから。ダブルヒロインの位置付けでも、
冥と比べてかなり出遅れ感があったので(だって透真と
の掛け合いによる“お笑い要員”な姿ばかりが印象に残
ってんだもん)、次のステージでの巻き返しに期待。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080124/1201163561