●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年02月22日(金)

[]繰り世界のエトランジェ 第二幕 偽りのガジェット

[著者:赤月黎/イラスト:武藤此史/角川書店 角川スニーカー文庫]★

 自分が心の底から正しいと思うものならば、たとえ誰
もが「それは間違いだ」と指摘しても当人にとっては紛
れもなく『正義』であり、逆に誰もが「それは正しい」
と言う事でも、自分が間違いだと思い躊躇えばそれは断
固として『悪』である、と。多分今回はそういうお話。
 この要素、途中ではあんまり絡んで来なかったのが、
最後の最後で非常に重要な意味を持つモノへと変貌を遂
げる。透真がずっと訴え続けて来た「母は死んでいない」
「母が一連の事件を仕組んだのではない」「母が黒幕な
のではない」など、母・操を頑ななまでに信じる心。
 ラストのこの状況を突き付けられても、まだ透真は操
を信じる事が自らの『正義』だと貫き通せるのか? 次
への注目ポイントはそこになるかなぁ。一見すると「そ
れは間違いだ」と透真に言いたくて言いたくて仕方ない
状況なんだけど、礫と雷斗が透真にそっと告げた言葉か
らは、どうもまだ裏がありそうな感じだよねぇ。
 今回初めて姿を見せた<神の手>と操との繋がりもま
だ充分に描かれてないので、その辺も気になる所か。

既刊感想:第一幕

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080222/1203676670