●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年02月23日(土)

[]時載りリンネ!2 時のゆりかご

[著者:清野静/イラスト:古夏からす/角川書店 角川スニーカー文庫]★

時載りリンネ!〈2〉時のゆりかご (角川スニーカー文庫)

時載りリンネ!〈2〉時のゆりかご (角川スニーカー文庫)

 やっぱり前巻同様、どうもこの物語を読むと『時載り』
に強い憧れを抱いてしまう。まあ時載り種族の読書は人
間で言う所の食事なんだけど、こうさくっと未読の山を
文字通り“食べるが如く”消化出来るというのは素晴ら
しい事ですよ(自分の書棚を見ると深い溜息が……)。
 今回リンネちょっとだけ成長、かな? もしかして逸
脱者を裏で操ってる存在が居るかも……と想像してたけ
ど、割とあっさり時砕き継承の承認が塔から得られたの
で、そういうのは無かったみたいだねぇ。単なる蒐集者
の暴走ってとこか。リンネの時砕き承認に賛成と反対と
があって、塔の承認が下りるまでひと悶着起こった方が
良かったかなぁ。ちと物足りない感触は大体その辺に。
 あとは恋をして欲しい。或いは恋を知って欲しい。十
二歳にしては妙に大人びた考え方をするリンネや久高だ
けど、恋愛感情の芽生えだって十二歳で早過ぎるって事
はないと思うな。で、実際この二人の気持ちはどうなん
だろうね? ここまで見た限りじゃまだ兄妹(か姉弟)
感覚のようだけど、そういう要素もちょこっと盛り込ん
でくれたら歓喜確実なんだけど……ど、どうかなぁ。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080223/1203760292