●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年02月26日(火)

[]アストロノト!2

[著者:赤松中学/イラスト:bomi/メディアファクトリー MF文庫J]★

アストロノト!〈2〉 (MF文庫J)

アストロノト!〈2〉 (MF文庫J)

 レンビアの「ゼロになるのは、なにもしなかった時だ
け」(P196)というこの言葉にシビれた。こう普段
小説を読んでいてもあんまり“ずがーん”と衝撃が走る
事って無いんだけど、これは珍しく来たよ。全ての物事
に通ずるって意味を持っているような台詞で、そこから
レンビアの力強い意志が感じられて凄く良かったな。
 しかし前回あれだけ焦らされた分の反動が出たのか、
今回ラキザミ登場当初からあっさり彼女が存在する意味
を予測出来てしまったような(前回の物質転送要素と今
回の瞳の色が同じってヒントを踏まえての事だけど)。
 もっとも、それが切り札となり得そうだという予測だ
けで、他は気付けなかった所で色々捻りが加えられてい
たので充分楽しめたなと。まあ「ええ〜っ!?」と思わさ
れるような強引さはあっても、それが救いに繋がるなら
構わないってのかなぁ。最後のあれは大丈夫な予感はあ
ったにしても、もしそうならなかった場合の事を考える
と……やっぱり後味の悪さが残るのは嫌だもんねぇ。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080226/1204017504