●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年02月28日(木)

[]マルタ・サギーは探偵ですか?6 オスタスの守護者

[著者:野梨原花南/イラスト:すみ兵/富士見書房 富士見ミステリー文庫]★★

 オスタスに戻って来たマルタが変わった! これが七
年の人生経験ってやつかー。基本的な性格は大して変わ
っちゃいないんだけど、やっぱり精神面で二十五歳にな
った『大人』な部分が凄く際立って出ている。
 これまでのマルタって、割とだらだら〜のぐだぐだ〜
の気力無しの消極性ばかりが目立ってた気がするんだけ
ど、そういう無気力感が抜けていて、未熟で脆かった部
分もすっかり消え失せていた。代わりに得たのは多少の
事では動じない心の余裕と精神的強さか。情けなさが見
違えるように格好良くなってて妙に嬉しかったなー。
 しかも、照れも恥ずかしさも躊躇いも一切感じさせず
に「バーチを愛してる」ってキッパリ言ってのけやがっ
たよこの男。当初は『カードバトル』要素がメインの物
語と思ってたんだけど、何かいつの間にかマルタとバー
チのラブロマンス風味になってきたよ(いや、こういう
の大好きだけどね)。ラストの「今日が来るのをずっと
ずーっと待ってた……ほんの七年ほど」というマルタの
言葉が物凄く重く心に染み入る。次が最終巻だそうで、
いい所で終わったこの続き、一体どうなるんかなー?

既刊感想:
     a collection of s.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080228/1204204035