●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年03月08日(土)

[]スプライトシュピーゲルII Seven Angels Coming

[著者:冲方丁/イラスト:はいむらきよたか/富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 凰先生、答えはBだと思います! ………(読書中)
……………(読了後)ちっ。もしかして、乙と雛が選択
した解答以外を選べば正解になるのか?(この二人って
いつも狙ったように誤答を選んでるような気が……)
 まあ次は正答に辿り着くよう頑張って考えよう、と思
う事にして。今回の見所は、前巻から期待してたもう一
方の物語『オイレン』弐との交錯。とは言っても、少な
くともこちら側からは刹那の邂逅程度で済んでしまって
たなぁ。もっと密接に絡むかと想像巡らせつつ楽しみに
してたので、その辺はちと残念。ただ、『オイレン』の
方はまだ未読な為、“二つの物語の視点からひとつの巨
大な事件を追う”という楽しみはまだ残っている。
 今回のスプライト。積極的に攻めているかと思いきや、
相手の方がいつの間にやら上を行っていて出し抜かれ、
乱れた態勢を整える為に守りを固めようとすれば、相手
に裏を掻かれ現状維持するので精一杯……後手後手続き
でもどかしいわ歯痒いわ。終盤の巻き返し→フルボッコ
によってスッキリさせて貰えたものの、結局この結末さ
え最初から見越していた風なリヒャルト・トラクルの一
人勝ちで、未だ彼の掌の上って事なのだろうかねぇ。

既刊感想:
オイレン
スプライトI

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080308/1204982336