●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年03月10日(月)

[]デビルズ・ダイス 2の目 悪魔はサイコロと嗤う

[著者:いとうのぶき/イラスト:佐嶋真実/角川書店 角川スニーカー文庫]★

 才と法地、それぞれの足場固め。その中での間接的な
対決。結果は才の圧勝。ただ、僅かに焦らせただけでも
法地は一矢報いたと言えるのかな(直接対面してないの
で、彼がその事を知る術は無かったのだけど)。
 ひとつ、何となく掴めたのは、デビルズ・ダイスの力
を失う=予測を頼れなくなった時の才は非常に脆い……
かも知れないと言う事。法地のカンによって焦らされた
時、一瞬底の浅い何とも格好悪い“素顔”が垣間見えた
ので。あとは今後どれだけ法地の閃きが才(の操るデビ
ルズ・ダイス)の上を行けるかどうか。この展開だとど
うしても法地寄りになってしまうけど気にしない。逆襲
に期待だ。ただ、間違っても『アナザーダイス』を手に
入れて才と対抗、って形にはなって欲しくないかなと。

 ……しかし……ああ、彩お姉さんが……前巻ラスト付
近では曖昧で思わせ振りな表現だったから希望を捨てず
にいたのに……これが凄いショックだったよ……。

既刊感想:1の目

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080310/1205151161