●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年03月20日(木)

[]旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。

[著者:萬屋直人/イラスト:方密/メディアワークス 電撃文庫]★★

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)

 少年が自分以外の女の子(この場合第三章の姫の事ね)
と仲良くしてるの見て「ラブコメ断固阻止!」って……
既におまえら二人で散々ラブコメやって来てんじゃねー
かよー。見せ付けやがっていい加減にしろよコノヤロウ
って程にさー。そんなツッコミ適度に入れつつも、それ
が照れ隠しな態度・仕草ってのが丸分かりな少女が可愛
いな〜も〜、となってしまうくらいに可愛らしかった。
 世界の状況について詳細は語られず。『喪失症』によ
って“滅びに向かっている”事実のみが明確に。おそら
く意図的な仕掛けだと思うんだけど、それが効果的に表
れていて、寂寥感溢れる世界観が実に際立っていて良か
ったなぁと。名前の無い登場人物達というのも、この物
語独特雰囲気作りに貢献していて良い感じだねぇ。
 気になるのは続刊どうなる? って事かな。未来に向
かってもいいし、過去を埋めるってのも興味深いし。綺
麗な締めだったので、一冊で終わっても問題はないんだ
けど、二人の行く末を追ってみたい気持ちもある。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080320/1206016682