●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年03月29日(土)

[]ロケットガール4 魔法使いとランデヴー

[著者:野尻抱介/イラスト:むっちりむうにい/富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 何はともあれ書き下ろしの中編エピソード。ゆかりと
マツリの“本気”な友情劇。マツリの言葉は到底丸ごと
受け入れられるようなもんじゃなくて、だから普通なら
《はちどり》捕獲(マツリ的には救助)ミッションを二
度蹴ってる筈なんだよねぇ。一度目は実験的で極めて危
険が伴う理由で、二度目は多分マツリの言葉が受け入れ
られずに。でも、ゆかりは一度拒否したのを翻してまで
半ば強引に実行してみせた。これってマツリの全部を抱
き留められないと、そうそう実行に移す事なんて出来な
いよな。その辺りで強固な絆を見せつけて貰えて良かっ
た(茜が外されてたのがちと可哀想だったけど)。
 あと、何気に当たり前のように宇宙飛行しているよう
に思えてたのが、実際には『安全性』と『実績』の分厚
い鉄板の上で成り立っている、なんて具合にしっかり見
れたかなぁと。今回の《はちどり》捕獲ミッションは、
その鉄板が薄かったから=危険に晒される可能性が高か
ったから一旦は取り下げられたわけで。もっとも、ゆか
りは無茶をやってくれた方がらしく見えるんだけどね。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080329/1206784784