●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年05月02日(金)

[]人類は衰退しました3

[著者:田中ロミオ/イラスト:山崎透/小学館 ガガガ文庫]★★

人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫)

人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫)

 廃墟遺跡都市サバイバル。妖精さん的には「だいちょ
うへん?」「しりあす?」「すぺくたくる?」「ろまん
とかもありですか?」な内容。毎度の如くツッコミその
他色々かましたい気持ちはあれど、とりあえず今回興味
深いな〜と目を引いたのが“妖精さんまにある”。
 妖精さんまみれ(単位:〜F)だとトラブル続出、だ
が絶対死なない。逆に妖精さんなし(単位:0f)だと
何も起こらないが命の保障も無しと……何か物凄く納得
させられた。いや、これまでの妖精さんまみれな調停員
さん絡みの騒動がね、そういう理由だったのか、と。
 のほほんと緊張感が欠けた雰囲気の裏で、実は割と命
の危険に晒されていた今回。これも妖精さん成分が足り
なかったせいなのか? でも、大した騒動に巻き込まれ
ちゃってるのは調停員さんの性質のせいなのかしら。
 最後に犯した罪の罰則は厳しく。泣いたりもしたけど、
でもめげない娘。やった事に後悔はしてなさそうなので
ホッとした。次はショートカットな彼女が拝める?

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080502/1209716951