●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年07月11日(金)

[]シアンとマゼンタ 13階段

[著者:砂浦俊一/イラスト:AKIRA/集英社 スーパーダッシュ文庫]★★

 シリーズ第2巻。相対すべき敵が存在するでも無く、
藍姫や真朱の特殊能力を利用しようと目論む者が存在
するでも無く。だから、こっちから首を突っ込みさえ
しなければ、平穏無事な日々を送れるものだと思うの
だけど、『陰神』絡みな事件の方が藍姫と真朱を放っ
ておいてくれない。誰かに直接的に狙われるわけでは
ないけれど、二人の力が災いを引き寄せてしまう。
 ……で、その結末がこれか! いや、マジ? って
思わず読んでる自分の目を疑っちゃったよ。余りに突
然で、余りに予期せぬ事態。あーでもなー、必要以上
に真朱が藍姫にいちゃついてみせていた“幸せな風景”
ってやつが、事の起こりの予兆だったのかもなぁ。
 さすがにこのまま見た目通りに終わって欲しくはな
い。けど、これどうにかなるのか? ここから引っ繰
り返せるのか? うあー、早く続きが読みてぇ。

既刊感想:シアンとマゼンタ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080711/1215711089