●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年07月23日(水)

[]リミテッド・ヴァンパイア1 髪喰鬼と吸血鬼

[著者:仁木健/イラスト:中島鯛/角川書店 角川スニーカー文庫]★

 どうしようもない煩悩野郎現る! 真端由自――奴
の脳ミソは最早手遅れで修復不能なまでに逝ってやが
る。……しかしながら、ここまで己の欲望を包み隠さ
ず忠実に体現出来るってのも一種の才能で、実は凄い
事なのか? と、一瞬思わなくも無かったが、理性が
完全崩壊した由自の数々の行為で色々と台無し。
 本編は吸血鬼モノの変化球。ただし間違ってもスト
ライクゾーンには入りませんよ、みたいな内容。戦い
の構図は祖先の吸血鬼対吸血鬼から派生した髪喰鬼。
加えて人間側の政府がややこしく介在したりとか。
 最後で話の規模が広がっちゃった為、随分シリアス
な雰囲気に寄ってしまったんだけど、その影響で次巻
以降由自の煩悩が薄まらなければいいけど……。まあ
文と吸血鬼達との過去の確執があるから、由自野放し
で煩悩全壊ってわけにはいかないだろうけど、彼のあ
る意味立派な本能も忘れないで加えて欲しいなと。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080723/1216821078