●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年08月13日(水)

[]ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ

[著者:虚淵玄/原作・イラスト:広江礼威/小学館 ガガガ文庫]★★

ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ (ガガガ文庫)

ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ (ガガガ文庫)

 同名作品のノベライズ。「ちょ、おまっ、遊び過ぎ
だろっ!」と一部激しくツッコミ入れたくなるくらい
ノリノリだな。レヴィもアレな姿でノリノリ。張さん
もソレな通り名使ってノリノリ。正直バラライカとス
タンのシリアスムードよりも、派手なガンアクション
よりも、こっち(レヴィのアレと張さんのソレ)の方
が強烈に印象に残っちまったぞ。いや、ボンテージS
M女王いいね! マスターNINJA最高だね!
 まあなんつーか、遊び心と原作愛に満ち溢れていて
ファンへのサービス精神も旺盛で、実に良いノベライ
ズだなぁと。真面目な所で一番の収穫は、バラライカ
の過去の断片を垣間見れた事。元々彼女自身は過去を
閉ざして語ろうとはしないから、かなり貴重で希少価
値のある体験だったのかも知れない(今回裏で糸引い
てた“彼女”みたく、不用意に懐に飛び込もうとすれ
ば途端に返り討ちでデッドエンドだもんねぇ)。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080813/1218576859