●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年09月11日(木)

[]リセット・ワールド2 僕たちが守るべきもの

[著者:鷹見一幸/イラスト:Himeaki/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★

 荒廃した日本の現状をどうにかしたい、という気持
ちは慎吾達の前橋・大宮コミュニティ側も、敵対関係
にある西東京共和国側も同じように持ち合わせていて
も、気持ちの向かう先がまるで違う(だから決して分
かり合えず、ひとつになれないのだろうけど)。
 今の所慎吾の行動は順調に運び、思考も良い方向に
進んでいる。眺めていて安心感が得られる程、頼れる
存在になりつつあるんだけど、逆にあまり順調に運び
過ぎると「どこかで思わぬ落とし穴に足元を掬われる
んじゃ……」なんて不安感に襲われたりも。慎吾と矢
上の仲違いや、私怨剥き出しで部隊長を解雇された青
島の動向なんかは結構気になる不安材料だよなぁ。
 互いに相手に知られていない隠し玉があり、果たし
てそれが本格的な戦争状態に突入した時にどう影響を
及ぼすか? 特に興味を引かれるのはその辺りか。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20080911/1221087402