●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年10月19日(日)

[]カッティング 〜Case of Mio Reincarnation〜

[著者:翅田大介/イラスト:も/ホビージャパン HJ文庫]★★

カッティング~Case of Mio Reincarnation~ (HJ文庫)

カッティング~Case of Mio Reincarnation~ (HJ文庫)

 シリーズ第4巻。こ、こいつら……最後に盛大なバ
カップルぶりを見せ付けてくれやがった! カズヤも
ミオも聖も昂も『B.R.A.I.N.complex』という名の
“悪夢”に散々翻弄されまくったってのに、こんな青
臭くこっ恥ずかしくいちゃいちゃした収まり方でいい
のかよ? と、それまでの過酷な現実なんか全部頭か
ら吹っ飛んで呆けてしまったよ。全くやれやれだ。
 でも、こんな風に眺めていて羨ましい程の幸せを、
カズヤとミオが手に入れられた事は凄く嬉しい。だっ
て現実逃避と絶望に陥るくらい互いの心をズタズタに
切り刻み合ったんだもん。これで幸せを掴めなければ
報われないでしょ……。まあ最後の臭い台詞のやり取
りは心の底から幸せに浸れた証なのかなと。もしかし
たら『B.R.A.I.N.complex』被験者の中で、カズヤ
とミオみたいなケースは珍しいのかも知れないね。

既刊感想:〜Case of Mio〜
     〜Case of Tomoe〜
     〜Case of Mio Entanglement〜

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20081019/1224366131