●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年10月29日(水)

[]葉桜が来た夏2 星祭のロンド

[著者:夏海公司/イラスト:森井しづき/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

 人間とアポストリの関係を、主にアポストリ側の視
点から描かれたエピソード。彼女達の複雑な内部事情
や因縁、人間達へ向けられる感情や共棲に対する思い
など、前巻で「アポストリについてもっと語って欲し
い!」と希望していた通りの内容に満足。予想以上に
アポストリ側に踏み込んでくれていて良かったなぁ。
 重要ポイントは、新キャラの星祭(星野友深)が何
者であるか? という唯1点。読み手側が追う目的と
しては実に単純明快なんだけど、この謎を解くまでの
道程が何とも困難極めるものだったねぇ。半強制的に
巻き込まれてしまった学に対しては、さすがに「お疲
れさん」と労い言葉のひとつも掛けたくなったよ。
 さて、次はどんな展開に? アポストリ側の不穏な
内部事情が更に浮き彫りになるか、或いは学と葉桜の
共棲関係がメインになるか。その辺りかと予想。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20081029/1225247517