●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2008年12月13日(土)

[]悠久の翼と蒼き巫女

[著者:大原信弥/イラスト:山本和枝/エンターブレイン ファミ通文庫]★

悠久の翼と蒼き巫女 (ファミ通文庫)

悠久の翼と蒼き巫女 (ファミ通文庫)

 舞台が古代中国風なファンタジー(ファミ通文庫で
イラストが山本和枝さんだから、某メーカー作品を一
般向けにアレンジしたノベライズかと思ってた)。著
者イメージ的には主に三国志とか水滸伝だそうな。
 半獣人の義賊青年と有翼人少女の出逢いと、はぐれ
てしまった姉と妹を探すべくの旅。展開は非常に速く
テンポ良くスムーズで読み易く、けれども多くのシー
ンがあっさり軽く流され気味で、全体的に見るとやや
微妙な手応え。まあ何はともあれ、ヒロインである祝
盛の置かれる状況がめまぐるしく変化している割に、
目的に向かってはサッパリ前に進めてないよなぁ。
 今回は祝盛の能力アップを遂げる為に費やされた序
章段階。序盤に登場したきりの姉・祝覇と妹・祝鈴の
行方は結局どうなったんだ? って所に全く近付けな
いまま終わっちまったからね。続きが気になる所。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20081213/1229175124