●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2009年02月06日(金)

[]ダンタリアンの書架1

[著者:三雲岳斗/イラスト:Gユウスケ(グリーンウッド)/角川書店 角川スニーカー文庫]★

ダンタリアンの書架1 (角川スニーカー文庫)

ダンタリアンの書架1 (角川スニーカー文庫)

 この物語はダリアンの可愛さ80%、様々な“幻書”
要素10%、焚書官ハルとフラン5%、その他色々5
%、の成分で出来ている。……え、ヒューイ? 彼は
勿論その他色々の中のどっかに紛れてるでしょう。
 とりあえず、キャラクターとか物語内の色々な要素
とかを全部ひっくるめて、“初めましての自己紹介”
的なストーリー展開だったかな。初っ端から奥深い所
にあれこれ仕込んでいそうな雰囲気もあるんだけど、
今の所はどれもまだまだ表面化しそうにない感じ。
 今度は第四話『仕掛け絵本』みたく、二人が出逢っ
たばかりの頃にもっと触れてみたい。然したる目的も
無く漠然と動いてるようなダリアンとヒューイに関し
て、色々と新たな面が見えて来るかも知れない。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20090206/1233927127