●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2009年02月10日(火)

[]司書とハサミと短い鉛筆2

[著者:ゆうきりん/イラスト:トモセシュンサク/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★

 ま・た・ぱ・ん・つ・は・い・て・な・い! やけ
に力一杯拘ってるよねぇ。もしかしてこのまま完結す
るまでずっとフィフにぱんつはかせない気か? ぱん
つはかせなければトゥルーエンドへのルートに入れな
いのか? ……まあその辺の戯言は半分冗談として、
要は文人の《まいすた》としての実力不足を表してい
るんだろうなと。フィフにまともなぱんつをはかせら
れるまで、成長しなけりゃならないって事かね。
 しかしフィフと文人の敵対者である《奴》を再び物
語に直接絡ませてくれないと、存在自体を忘れてしま
いそうだな。今の所手掛かり不足なせいか、話の上だ
けで追ってる印象だからねぇ。ただ、文人の実力が伴
うまで暫くは禁書回収&封印作業が続きそうな感じ。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20090210/1234209900