●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2009年03月11日(水)

[]アカイロ/ロマンス2 少女の恋、少女の病

[著者:藤原祐/イラスト:椋本夏夜/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

 悔しくて歯噛みするような、どうしようもない弱
さや無力感を抱える景介って奴は、もしかしたらこ
の物語における『人間』という存在の象徴なのかも
知れない。……と、考えてみると、ラストに依紗子
が心中で呟いていたような“化け物にはない人間で
あるからこその性癖”も、人間である景介の奥底に
内包されてたりするのかなぁ? 今は無力の正常者
でも、何かの切っ掛けで理性が失われれば或いは景
介も……まあその辺はまだ憶測の域だけど。
 そういや今回終盤の戦いの中にあった、枯葉と吉
乃との意思疎通は、やっぱり枯葉が抱いたイメージ
なんだろうかねぇ? こういうのを見せられてしま
うと、どうしても吉乃の事を諦め切れんよな〜。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20090311/1236775352