●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2009年10月12日(月)

[]イグドラジル―界梯樹―II

[著者:水月郁見/イラスト:椿春雨/ソフトバンククリエイティブ GA文庫]★

 異界から侵攻して来たミルソーティア徴税軍にと
って、青界(地球)は植民地であり、そこに住む地
球人は奴隷同然と見なしているって事か。その異世
界の意図や思惑と、稜と真珠と、二人の中に存在す
る“螺旋”とやらがどう関係しているのかは全然分
かってないので、もうちょっとそれらの要素が直接
的に絡んで来るまではまだまだ様子見かな? 
 稜がイグドラジルに搭乗した事で、ようやく話が
動き出しそうな感じだけど、彼がヴェズレーに「護
って欲しい」と託された真珠との接点は今の所皆無
なんだよねぇ。再び回り逢うのは何時になるのか。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20091012/1255304393