●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2009年11月18日(水)

[]ぼくと彼女に降る夜 ルナティック・ルーラー〜狂濫を征する者

[著者:八街歩/イラスト:深崎暮人/富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 シリーズ第5巻。対エリザベート最終決戦。最凶
の敵対者であるエリザベートに関しては、期待以上
の狂気に満ち溢れる圧倒的存在感を終始見せ付けて
くれた形で、凄く魅力的に描かれていて良かった。
 エリザベートは絶対唯一の自分自身しか認めない
孤独を生きる存在だったんだけど、彼女の思考を唯
一人真に理解するに至ったナナという少女は、エリ
ザベートがどんなに罵詈雑言を撒き散らしても、や
っぱり特別な存在だったんじゃないかなぁと。
 んで、一方ナイトとヨルは……まあ、言いたい事
はちゃんと伝えた方が良いと思うよ。お互いにね。

既刊感想:ナイトサクセサー〜夜を継ぐ者
     フェイクマスター〜虚夢を語る者
     フールジェスター〜道化る愚か者
     ザ・パーティー〜生贄をふるうモノ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20091118/1258541661