●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2010年01月16日(土)

[]鍵開けキリエと封緘師 小箱は開くのを待っている

[著者:池田朝佳/イラスト:さんば挿/富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★

 キリエは囚われの美女の檻の鍵を開ける事は叶わ
なかったけれど、自分自身の心の鍵を開ける事が出
来たのだろう……とか最後にうまい事言って締めて
欲しかったような気も。“鍵を開ける”という一言
も、よくよく考えてみれば捉え方によってその意味
合いは色々違って来るだろうなぁと。単純に扉を開
けるだとか宝箱を開けるだとかをイメージしていた
のだけど、キリエの鍵開け技能の本質ってのは、そ
こら辺とは違う所にあるのかも知れない。まあ、今
回の顛末だけでは何とも言えないとこだけど。大統
領や封緘術の事がもっと明確に見えて来ないとね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20100116/1263597550