●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2010年01月17日(日)

[]ほしのこえ The voices of a distant star

[著者:大場惑/原作:新海誠/イラスト:竹岡美穂/メディアファクトリー MF文庫ダ・ヴィンチ]★★

 原作の映像を初めて観たのも、その後刊行された
MF文庫J版のノベライズを読んだのも2002年
の事で。新装版を手にして、こんな風に思い返す機
会に回り逢えて一番強く思ったのは「あぁ、あれか
らもう8年も経つのか……」って事だったなぁ。
 物語の感想は、前に書いた時とあまり変わってな
かった。そんな中で唯一点、携帯電話及び携帯メー
ルの存在は当時と比べてずっと身近なものに感じら
れたから、そこだけは改めて読んでみて結構違った
印象を受けたかな。そういや映像の方もずっと観て
なかったなぁ。久々にちょっと観てみようかな。

関連感想:ほしのこえ The voices of a distant star(MF文庫J版)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20100117/1263679767