●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2010年02月23日(火)

[]僕は友達が少ない

[著者:平坂読/イラスト:ブリキ/メディアファクトリー MF文庫J]★★

僕は友達が少ない (MF文庫J)

僕は友達が少ない (MF文庫J)

 傍から見れば、隣人部に入部してからの小鷹も存
分に“リア充”していると思うんだが。小鷹も夜空
も星奈も幸村も小鳩もあんまりな残念体質で、そう
いう残念密度の濃い空気に浸っているせいか本当は
物凄く“リア充”な事が自覚出来ないのかねぇ。 
 まあ傍迷惑な夜空と星奈の喧嘩に巻き込まれ続き
な小鷹からすれば、到底良い意味で充実していると
は思えないのかも知れないけれど。でも、周囲の迷
惑加減も含めて随分楽しめているじゃないか、と。
あとは当人達がいつ「既に友達だろ?」というのを
自覚出来るかどうか……これは当分無理そうだな。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20100223/1266882335