●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2011年01月10日(月)

[]BLACK BLOOD BROTHERS10 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 銀刀出陣―

[著者:あざの耕平/イラスト:草河遊也/富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 過去と現在の聖戦前夜。1997香港でのカーサの心
が明確に描かれた事で、足りなかった過去の欠片が
ようやく全て埋まったという充足感。そして現在へ
戻って最終決戦直前の高揚感。ジローも何とか滑り
込みで間に合い、完結へ向けて最高の盛り上がり。
 しかしカーサ個人の事情を知ってしまったせいか、
これまで以上に『九龍の血統』を単純に“敵”とは
見なせなくなってしまったなぁ。双方勢力ともに生
存し、共存の道があればと強く思うのだけど……。

既刊感想:
    (s)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20110110/1294648286