●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2013年11月29日(金)

[]ぼくのゆうしゃ

[著者:葵せきな/イラスト:Nino/富士見ファンタジア文庫]★★

 異世界ライトファンタジー。現実世界からの異世
界転移モノで、飛ばされちゃったのは小学四年生の
少年・ミカミトオル。しかも何故か異世界における
『勇者』に選ばれてしまったというオマケつき。
 最初だけは慣れない環境に色々戸惑いまくってた
トオルでしたが、異世界について把握し出してから
はかなり軽いノリで進んで行きました。あまり細か
いことを気にしないのほほんとした性格だから、と
いう感じでしょうかね。単純に子供の視点だからか
も知れませんが。「はじめてのいせかいぼうけん」
的な、基本軽快で明るくのんびりな印象でした。
 ただし、時折凄く重いです。主にトオルが現実世
界での今の立場を語る時。そうならざるを得ない状
況下で飛ばされてたので仕方ないんですが、この現
実世界に帰る為に異世界で目的を果たす、という事
は小学四年生の身には相当過酷ではないかと思わさ
れました。気軽に異世界を旅するだけで済ませられ
れば良いんですけど、この先どうなるでしょうか。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20131129/1385732782