●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2013年12月10日(火)

[]終末領域のネメシス2

[著者:吉野匠/イラスト:木村樹崇/このライトノベルがすごい!文庫]★

 ウィルス生命体『ネメシス』に侵略され、壊滅状
態に追い込まれ、廃棄を余儀無くされた他校生徒の
受け入れから始まる今回。挨拶代わりに模擬戦やっ
てみたり、親交深める為に歓迎会を開いて劇を演じ
てみたり、外側のネメシス侵略など何処吹く風のよ
うな和気藹々とした学生生活風景がありました。こ
れで前回みたく、戦闘経験浅い生徒が戦場のど真ん
中に叩き込まれる、という展開になるのが恐かった
のですが、幸いそんな状況には陥らなかったです。
 ただ、冬輝のやらかした事はそれ以上に衝撃的で
したね。ネメシスの幹部『クインビー』の一人と手
を取り合って逃亡するとは……。これはさすがに擁
護出来ない行為で、最後は拘束され査問会に掛けら
れる事になってしまって次巻に続く展開でした。
 この冬輝の行動から、ネメシスと人類はひょっと
して分かり合えるのか? と思ったりもしましたが、
今回のケースは偶然の産物で、多分そう甘くはない
でしょうねぇ。まだネメシスの頂点である『クィー
ン』自身の考えが読めませんが、冬輝との因縁も何
かありそうな含みのある物言いで、異世界からやっ
て来た事との関連性なども気になる所ですね。

既刊感想:

本書は宝島社様より頂きました。有難う御座いました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20131210/1386674756