●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2013年12月12日(木)

[]僕と彼女のゲーム戦争3

[著者:師走トオル/イラスト:八宝備仁/電撃文庫]★★★

僕と彼女のゲーム戦争 (3) (電撃文庫)

僕と彼女のゲーム戦争 (3) (電撃文庫)

 岸嶺の幼馴染みで若手人気声優でセガ信者の高三
津宮美と、最近何かと岸嶺の事が気になる金髪ロリ
巨乳でマイクロソフト信者の杉鹿まどか。初めて顔
を合わせるなり「こいつは敵だ!」とばかりに、岸
嶺を挟んでバチバチ火花を散らしまくってます。
 一方で板挟みの岸嶺は、相変わらず自分が異性と
して好意を寄せられている事に欠片も思い至らず、
と言った具合。岸嶺の場合、何かにつけて自分を卑
下しがちな性格なので、そもそも最初から「女の子
が自分の事など好きになる訳がない」という感覚し
か持てないのかも知れませんね。胸を気にしたり身
体を摺り寄せられて過剰反応したり、思春期男子ら
しい欲望は持ち合わせてる癖に。リア充爆発しろ。
 実名ゲームを取り上げてのプレイ風景の描写は相
変わらず秀逸で、未プレイでも把握し易くて実際に
プレイしたくなるような楽しさがあります。今回は
主に多人数プレイがテーマだったので、勝つ為のチ
ームワークが問われる所もありましたが、皆で楽し
く遊ぶという部分がより際立っていましたね。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20131212/1386855582