●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2014年01月09日(木)

[]オレを二つ名で呼ばないで!5

[著者:逢上央士/イラスト:COMTA/このライトノベルがすごい!文庫]★

 前巻の準備編からの続きで合同文化祭本編。とは
言うものの、実際には開催中に起こった『二つ名シ
ステム』のトラブルにより、個々の二つ名がシャッ
フルされてしまう事件がメインイベントでした。
 文化祭の行事などは、最終日のミスコンイベント
以外は駆け足で過ぎ去って行きました。もうちょっ
と新を通じてイベント見物を堪能したかったのです
が、こんな事件が勃発したのでは仕方ないですね。
 それにしても『二つ名システム』。研究段階のテ
ストケースで生徒達に付与されているような感じで
すが、開発側の技術者達にもまだ解明できていない
謎も多いらしく、それに伴う不具合も少なくないよ
うでなかなか難儀なシロモノですねぇ。根幹部分の
知識が無い生徒達だけでは、当面のトラブルを自分
達の能力で応急処置的に凌ぐ事しか出来ないですし。
去って行った天堂会長が、このシステムを素直に受
け入れず危険視していたのも分かる気がします。
 そんな事態を受け入れて、何らかの決意が芽生え
たのかどうか、新がラストで重大発表してみせまし
た。今までほぼ神賀茂学園内で納まっていたものが、
新の決意でどう広がりを見せるか楽しみですね。

既刊感想:

本書は宝島社様より頂きました。有難う御座いました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20140109/1389276290