●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2014年02月04日(火)

[]さまよう神姫の剣使徒2

[著者:すえばしけん/イラスト:H2SO4/富士見ファンタジア文庫]★★★

 この物語の世界は、大迷宮『大いなる門(マグナ
・ポルタ)』と、大迷宮に挑む探索士を始めそこで
生活を営む人々が住む都市だけしかありません。そ
の都市は“虚無”なる怪異に外部を侵食され続けて
いて都市外への脱出は不可能。ただし、五人の『神
姫』と呼ばれる存在の力が虚無の脅威から都市を護
っています。この現状で、多分ユウキ達が“迷宮攻
略の道を探して都市脱出を目指す”展開になるかと
思っていたのですが、そうはならなかったですね。
 今回の場合はティナを含めた神姫と、神姫を守護
する『剣使徒』同士の戦いと、それぞれに抱えてい
る複雑な事情などが描かれていました。この件でユ
ウキの剣使徒としての過去や、神姫と剣使徒の関係
性などが明確になって大分スッキリしました。
 最後にティナと月の姫、星の姫、空の姫の陣営が
同盟を結ぶ形で纏まりましたが、まだ登場していな
い神姫と剣使徒の出方が気になる所です。一体何の
(誰の)意思が介入して神姫同士の戦いを触発し、
神姫の中に『終焉の蛇』を生み出そうとしているの
か? この辺りに踏み込む展開になりそうですね。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20140204/1391517542