●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2014年03月10日(月)

[]さくらコンタクト route A 小河桃子

[著者:七月隆文/イラスト:三嶋くろね/このライトノベルがすごい!文庫]★★

 シェアワールド=小説などで同じ設定や登場人物
を用いて、複数の作家がそれぞれの物語を描いた作
品群の事だそうです。今回の七月隆文さんのルート
Aと、次回刊行の日日日さんのルートBとで分岐し
て描かれる物語がこの『さくらコンタクト』です。
 共通項は、花が咲かない巨木の桜『佐保姫様』の
事、佐保姫様の木の幹に手を触れて花を咲かせた者
に“恋が成就する伝説”のご利益がある事、佐保姫
様を咲かせるのが主人公・桜木春彦である事、でし
ょうかね。今回の場合は、桜を咲かせた春彦に、幼
馴染みの小河桃子が関わってゆく王道ラブコメエピ
ソードでした。桃子が“春彦の死を予知する”能力
に突如目覚めてからは、割と重苦しくて深刻な空気
も流れていましたが、大半は幼馴染み同士でいちゃ
いちゃいちゃいちゃしまくりでした。どんだけニヤ
ニヤさせてくれるんですかこのバカップルどもは。
 最後は春彦が得た『桜の伝説』と、桃子に宿った
『死の予知』の関係性もしっかり明確なってスッキ
リ終われました(ここだけ終盤まで引っ掛かってい
たので)。末永くお幸せにと言うしか無いですね。

本書は宝島社様より頂きました。有難う御座いました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20140310/1394458715