●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2014年04月25日(金)

[]瑠璃色にボケた日常2

[著者:伊達康/イラスト:えれっと/MF文庫J]★★★

瑠璃色にボケた日常 2 (MF文庫J)

瑠璃色にボケた日常 2 (MF文庫J)

 瑠璃と孝巳がお笑いの道を究める為に、ボケとツ
ッコミの腕を磨いてゆくお話だと思ってましたが違
いました。本当の所は、霊能者が様々な性質の“霊”
を相手に戦ったり正しい方へ導いたりするお話です。
 大体どんな霊でも存在そのものが訳ありだったり
しますが、孝巳が余計な事に首を突っ込んで出会っ
た霊は大抵非常に厄介モノを抱えていて、今回もそ
の例に漏れずと言った具合です。この霊を相手にし
てのやり取りが、戦う事も含めて結構真剣で重めで
激しい内容なんですよね。霊感・霊力・霊気の概念
が似ている様で異なるものだという説明も挟んでい
たり、霊を相手取ってのお話が丁寧にしっかり描か
れていて、その要素が凄く面白く感じられました。
 瑠璃と孝巳にお笑いの才能があるかどうかは微妙
な気もしますが、主に瑠璃が本当にお笑い好きなん
だなあと思える辺りが実に微笑ましいので、それは
それで良い雰囲気なのかな? 孝巳にとってはツッ
コミが霊力戦闘の修行になっているみたいなので、
本人は苦々しく思ってるかも知れませんけどね。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20140425/1398432382