●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2014年09月10日(水)

[]放課後四重奏3

[著者:高木幸一/イラスト:ぜろきち/GA文庫]★★

 心月、詩織、深樹、早樹の4人から好意を寄せら
れ、詩織の告白を皮切りに皆から猛烈な“大好き”
アピールを受ける事となる灰堂。女の子達の気持ち
は明確なので、あとは灰堂が誰を選ぶか(それとも
恋に目覚めず誰も選ばないか)が今回最も注目すべ
きポイントです。とは言え、灰堂は前々からある一
人だけに対して他の娘とは違う感情を抱きつつあっ
たので、そこに突き進んで行った感じでしたね。
 一歩間違えばドロドロの泥沼になりそうな危うい
バランスの展開ではありましたが、そうならないよ
うに意識して明るい結末を描いたのだとあとがきを
読んで理解しました。灰堂がしっかり選んで決めた
のに、選ばなかった娘に「好きな気持ちは残す」と
か言われたら、選ばれた娘が少し可哀想な気もしま
すけど。まあ灰堂の性格からして揺らぐ事はないで
しょうし、その本質が分かってるからこその「好き
な気持ちは残す」発言だったのかも知れませんね。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20140910/1410337931