●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2015年11月24日(火)

[]宝石吐きのおんなのこ2 〜めぐる記憶とはじめての冒険〜

[著者:なみあと/イラスト:景/ぽにきゃんBOOKS]★★

 スプートニクの回想から過去へ遡って、クリュー
の「はじめてのおつかい」へと繋がってゆく展開。
 クリューの他人を恐れる部分が抜け切れなくて、
現在とは大分違うなーと不安を抱きつつはじめての
おつかいを見守る視線は、スプートニクと同調する
ものでした。最初はクリューが間違うのも含めて、
全部スプートニクの仕込みかと思ってましたよ。
 クリューの小動物のような可愛らしさは過去も現
在も変わらないですが、天真爛漫な姿は人馴れした
今の方がより表に出ているなと感じました。そんな
違いにも触れる事が出来て良かったですね。
 体質についてはまだ謎のまま。ですが、近付くに
つれて今の平穏が脅かされそうな気もするので、知
らないままでいて欲しいって気持ちもあります。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20151124/1448360360