●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2015年12月14日(月)

[]筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。

[著者:谷春慶/カバーイラスト:カズアキ/宝島社文庫]★★★

 ふと、自筆で文字を書いてみたくなりました。頭
に浮かんだのはとりあえず自分の氏名。書いた文字
に何らかの強い感情がこもっていれば、東雲清一郎
はどんな思いで書かれたかを解読する事が可能だそ
うです。「何が何でも東雲清一郎に自分の文字を鑑
定して欲しい!」と念を込めたらどうなるか? 完
全無視か「バカ」の一言で一蹴されるでしょうね。
 筆跡鑑定から文字や書について。興味深くて面白
いお話でした。馴染みも薄く、こういう機会でも無
ければ深く知る事も出来なかったでしょうから。
 何かの文字や文章を書いた時、たとえそれが走り
書きのメモ程度のものだとしても、この物語と東雲
清一郎の仏頂面が思い浮かぶかも知れません。

本書は宝島社様より頂きました。有難う御座いました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20151214/1450085350