●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2016年02月11日(木)

[]いつか世界を救うために2 ―クオリディア・コード―

[著者:橘公司(Speakeasy)/イラスト:はいむらきよたか/富士見ファンタジア文庫]★★★

 まさか自分が暗殺対象にされているとも、その過
程でストーキングされているとも、舞姫は夢にも思
わなかった事でしょう。ストーキング行為だけは最
後まで舞姫にはバレなかったので大したものです。
 前巻からシノが任務を受けている舞姫の暗殺計画
の件。何故殺す必要性の見当らない彼女を殺さなけ
ればならないのか? 謎と疑問が今回で一挙に解き
明かされます。ほたるの動向に違和感を覚えていた
し、記憶の食い違いも出て来て、何かあるなと感じ
てはいましたけど。これでスッキリしましたね。
 そして『世界』の能力の頼もしさと脅威を同時に
味わう事にもなりました。またアンノウン以外へそ
の力が向いたら……と思うとちょっと恐いですね。

既刊感想:
関連感想:クズと金貨のクオリディア
     そんな世界は壊してしまえ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20160211/1455160705