●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2016年04月05日(火)

[]ようこそ実力至上主義の教室へ3

[著者:衣笠彰梧/イラスト:トモセシュンサク/MF文庫J]★★★

 感情を素直に曝け出している人間の方が健全だっ
たりします。須藤、池、山内とか、女子なら軽井沢
や篠原、鈴音もこちらの部類に入るのかも。Dクラ
スを窮地に陥れてしまう火種になる場合も多々あり
ますが、それでも分かり易い安定感があります。
 対して、清隆の得体の知れなさは半端じゃないと
事ある毎に思い知らされます。誇張し過ぎか? と
気にする所もありましたが、今回の一件で遠慮なく
「お前が最も胡散臭い」と突き付けられるようにな
りました。間違い無くDクラス中で突き抜けて有能
なんですけど、事なかれ主義を貫く姿勢って何なん
でしょうね。清隆の過去や入学の真意などが明るみ
に出れば、もう少し違った目で見れるでしょうか。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20160405/1459823289