●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2016年10月29日(土)

[]キミもまた、偽恋だとしても。1<下>

[著者:渡辺恒彦/イラスト:wingheart/オーバーラップ文庫]★★

 突っ込まずにはいられませんでした。「オタクっ
てその“オタク”かよっ!」と。人騒がせなじいさ
んですね。こうなったらもう政樹と薫子の正式交際
に障害は何も無いと言っても良く、あとは当人同士
のオタバレのタイミング次第じゃないでしょうか。
 正直な所、2冊目で既に擦れ違い展開が食傷気味
だったりしてます。現時点で二人の間に恋敵が介入
する余地も無いから、先延ばしにした所でバレても
「ですよねー」で済んじゃいそうじゃないですか?
 だからいち早く「オタバレしろ」と強く願ってし
まうんです。その先の政樹と薫子の感情描写を見て
みたい。溜まってしまうと消化不良起こしそうなの
で、何処かで上手い具合に発散させて欲しいです。

既刊感想:1<上>

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20161029/1477734028