●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2016年11月02日(水)

[]筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。 鎌倉の猫は手紙を運ぶ

[著者:谷春慶/カバーイラスト:カズアキ/宝島社文庫]★★★

 シリーズ第2巻。記号にも筆跡があるなんて、考
えてみた事もありませんでした。この案件を真っ先
に清一郎に持って行こうと思い至って仕向けた曜子、
仕向けられて何だかんだきっちり清一郎に受けて貰
える美咲、そして断固拒否の姿勢から何時の間にや
ら解決まで導き出す清一郎。さて、この中で誰が一
番凄いでしょうか? まあ皆やり手ですけどね、美
咲が居ないと成り立たないので多分美咲でしょう。
 清一郎は元々精神的な脆さがあるだろうなと理解
していましたが、今回更に過去の事実を知らされた
事で奥行きが広がった感じでした。追い詰められる
要因も多かったせいか、彼の脆さが際立っていまし
たが、美咲の支えもまた印象に残るものでしたね。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20161102/1478078218