●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2016年12月29日(木)

[]魔力ゼロの俺には、魔法剣姫最強の学園を支配できない……と思った?2

[著者:刈野ミカタ/イラスト:あゆま紗由/MF文庫J]★★

 腹の探り合い、騙し合い、裏の掻き合い等。魔力
ゼロのユーベルが優位に立つ為の手段ですが、あん
まりそこばかりを見せるのに固執するのもどうかな
あ、と今回ちょっと感じてしまいました。相手の心
理を話術によって逆手に取るユーベルの巧みさは、
前巻で既に嫌と言うほど見せ付けられましたから。
 本来ユーベルが学園内で成そうとしている事のそ
の先に見据えているものが、はぐらかしてばかりで
は彼の本音としてなかなか見えて来ないんじゃない
かなと。そんな心配です。確か根底にあるのは「楽
してハーレム作って世界征服したい! 魔王ソルブ
ラッドみたいに!」だったような……記憶が霞んで
しまわない内に再度強調させて欲しい所ですね。

既刊感想:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20161229/1483005004