●SIDE ONE● このページをアンテナに追加

 ライトノベル読書感想を書いたりしてます。
 感想評点は個人的嗜好により★〜★★★の三段階で加点。
 ネタバラシしてるのがありましたらご容赦を。
 読書感想保管庫はこちら

2017年03月17日(金)

[]リリエールと祈りの国

[著者:白石定規/イラスト:あずーる/GA文庫]★★

 一国のトップが完全に問題放置を決め込んでいる
時点で「この国やばくね?」って、危機感抱かずに
はいられませんでしたよ。後々事情を把握して納得
はしましたが、もうこれはしょうがないよ、どうに
もならないよ、と諦めの域に達してしまいました。
 ……って具合だったんですけど、終始極めて楽観
的な雰囲気に塗れているこの国の空気は一体何なん
でしょう? 常にマイペースを崩さず割と余裕綽々
なリリエールと、何事に対しても暢気な様子で動じ
ないマクミリアがそんな空気を作ってくれているの
でしょうか。王女は現状放置を変える気無く、祈り
成就の頻発は国の混乱に拍車を掛ける。破滅へまっ
しぐらな筈なのに、妙な安心感もあるんですよね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hisa/20170317/1489741473