Hatena::ブログ(Diary)

hishidaのblog このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

hishida

hishida

EB series support page 管理人 ブログ

2016-12-19

[]格安Windows 10 mobile 端末購入

NTT-X Storeで格安のWindows 10 mobile端末を購入してしまった(WPJ40-10 4,980円)

どうせ使い物にならないことはわかっているが、貴重な開発用実機が入手できたのは吉。4万円台の高級機を買っても、Windows 10 mobileが使えない端末であることは全く同様だ。これでもOffice mobileや音楽プレーヤ、FMラジオ等は即使用可能なので、値段分の値打ちはある。

Windows mobileの出荷ベースのシェアは既に1%を割っており、いまからWindows mobile用のアプリを作る意味はほとんどない。

失速するWindows 10 Mobileは生き残れるのか? (1/2) - ITmedia PC USER

それにもかかわらずWindows 10 mobile端末を買ったのは、EBPocket のWindows mobile版を提供していないことに、個人的に引け目があるからだ。

以前EBPocket for WinRT版を出したことがあるが、その頃はWindows Phone 8端末は国内では発売されていなかったため、Windows デスクトップ版のみサポートしていた。その後サポートが続かず、現在ではストアから削除されている。

EBPocket for WinRT

とはいってもストアアプリは色々と制限が厳しくて思うようなアプリを作れないので、EBPocket for Windows Phoneの提供を約束出来るかどうかわからない。だが、少しずつ検討を始めようと思う。

まず第1週は、Visual Studio 2015でサンプルアプリを作り、実機に転送して実行するところまではできた。MacVMWare 上のWindows10でWndows Phoneエミュレータを使用するのは難しいので、実機があると捗る。

ストアアプリEPWINGビューアがなぜ難しいか

「ストアアプリの制限」というのは、アプリがアクセスできる場所が厳密にサンドボックスに限られており、SDカードやドキュメントフォルダへのアクセスが、原則禁止されているということである。EPWINGは辞書データがアプリと独立していることが最大のメリットだが、ストアアプリとは相性が悪い。

例外はあって、ファイルピッカーで選択する場合は自由選択できる。また、SDカードやドキュメントフォルダは、マニフェスト拡張子を登録すると使用出来る。ただ、EPWINGのファイル名には拡張子がないので、マニフェストに登録ができない!(CATALOGやHONMONなど)。

回避方法として3つぐらい案がある:

1) ファイルピッカーでEPWING辞書を選択させ、サンドボックスにコピーする。以前EBPocket for WinRTではこの方法を使った。だがSDカードでの運用ができないので、実用性が低い。

2) ドキュメントフォルダよりも制限の低いピクチャフォルダやミュージックフォルダに辞書を配置する。ただし、Microsoftの審査を通るかどうかが不透明

3) 必ずebzip圧縮することとし、拡張子.ebzをマニフェストに記載する。ただユーザに「ebzip圧縮しないと使えないよ」ということを説明しないといけない。

どれも一長一短あって、この時点で開発意欲が50%ぐらいなくなる。

UWPの悩み

それから、現在Windows 10 mobile向けアプリを作るとした場合、UWPとWindows 8.1ユニバーサルアプリ選択肢がある。MicrosoftのオススメはUWPだ。だがUWPはアプリテンプレートが空白しかなく、自分で実装する作業量が大きい。Windows 8.1ユニバーサルアプリだと、テンプレートに「ハブアプリ」があり、テンプレートをもとに逐次的に開発していくことができる。したがって、もし開発を始めるとしたら、Windows 8.1ユニバーサルアプリを選ぶと思う。

以前に提供したEBPocket for WinRTは、実はWindows8アプリで、テンプレートの内容がWindows 8.1アプリとは大きく違うために、ソースを流用できない。新たにコードを書いたほうが早い。開発のスタートが半年遅れていれば、Windows8.1アプリになって現在でも通用したのに、残念だ。いろいろ考えると、作業量の大きさに比べて、ユーザ数が少なすぎて、開発意欲が萎えてくる。

最近Microsoftクアルコムと提携してsnapdragonWindows10を提供することを発表したが、これはUWPをMicrosoft自身が否定したことになる。WindowsRTが打ち切られたように、Windows 10 mobileも終了になる可能性はある。

マイクロソフトがARM向けWindows 10の構想を発表--Win32アプリも動作 - ZDNet Japan

ということで、あまり期待はしないで、生暖かく見守っていただければ幸い。

P.S.

その後、Windows 10 mobileの開発は断念、WPJ40-10も手放しました。(2017/03/21)