Hatena::ブログ(Diary)

hishidaのblog このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

hishida

hishida

EB series support page 管理人 ブログ

2018-02-01

[][] iPhoneX 全画面対応

iPhone Xが発売されて数カ月が立つが、iPhone Xはこれまでと違う独特のアスペクトレシオを持ち、アプリもそれなりの対応が必要になる。

当方の開発環境はこれまでMac OS X 10.11 El Capitan および Xcode 8だったが、iPhone Xの対応はXcode 9以降となる。さらにXcode9の動作環境はmacos X Sierra以降なので、iPhone Xエミュレータを試すには開発環境をアップグレードしないといけない。

開発環境を更新するのはリスキーなので、VMWare Fusionmacos X Sierra環境を作り、その上でXcode9のiPhone Xエミュレータを動かしてEBPocket for iOSの動作確認を行い、対応できたものと思って安心していた。(→ iPhone X の解像度の問題 - hishidaのblog

ところがiPhone Xの実機で全画面で動作させるには、Xcode9でビルドおよび提出が必要であり、Xcode8以前でビルドしたアプリiPhone Xで実行すると上下に黒い枠が表示されることがわかった。

いずれはXcode9以上でないとアプリの提出が認められなくなるので、重い腰を上げてXcode9対応を行うことにした。

1.まずMac OS Xを 10.11 El Capitanから10.12 macos X Sierraアップグレードする。これ自体は特に問題は無い。

2.次にXcode9.2をインストールし、Xcode8時代のプロジェクトをコンパイルしてみると、早速コンパイルエラーの山となった。

Command /usr/bin/codesign failed with exit code 1

Code signing fails with error 'resource fork, Finder information, or similar detritus not allowed'

Technical Q&A QA1940: Code signing fails with error ’resource fork, Finder information, or similar detritus not allowed’

上のURLに書かれているように、次のコマンドを実行することで解決

xattr -cr プロジェクトディレクトリ

3.これで大丈夫と思いきや、iOS11で実行するとUIScrollViewのcontentInsetがずれるという凶悪な問題が発生。

no title

上記URLとは違う解決方法だが、結局、次の方法でiOS11のcontentInsetの自動調整を抑止し、さらに表示位置をiOSのバージョン毎に調整することで解決

MainWindow.xibのRootViewControllerで下記設定を行なう

Adjust Scroll View Insets : チェックを外す ←勝手なcontentInsetの自動調整を止める

Under Top Bars : チェックをつける←NavigationBarの高さが変わっても潜り込まずにbarの下に表示される

iOS6からiOS7になるときにもNavigationController Barの下にUITableViewが潜り込むという問題が起きたが、その時の対処が不完全であったことが、iOS11になって表面化したらしい。

no title

ただ今回のやり方が合っているのかどうかはわからない。そのうち「おまえらのiOS11対応は間違っている」と言われるかもしれない。

一時はもうAppStoreに提出できないのではないかと思って悩んだが、最終的には無事Xcode9でiPhone X対応版を提出することができた。

f:id:hishida:20180209081515p:image

一つの問題点として、Xcode9でビルドすると、TargetOSの下限がiOS8になってしまう。ただしiOSは大多数のユーザが最新のOSに速やかにバージョンアップするので、実際は問題は無いだろう。

iOSはメジャーバージョンアップごとに破壊的修正が入るので、開発者にとっては大変である。