Hatena::ブログ(Diary)

hishidaのblog このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

hishida

hishida

EB series support page 管理人 ブログ

2007-12-24

[] iPod Classic (3)

その後iPodを使っていて、覚えたことを、書いてみる(もちろん、使っている人には常識のことばかり)。

  • iPod本体では、iTunesのように曲の順をソートする機能はないが、iTunes上でプレイリストを作れば好きな並びにできる。
  • iTunesで曲のカテゴリをいじっただけでもiPodにファイルを再転送するので、ひょっとしてフラグメンテーションが起こるのではないかとおもってググってみたら、iPodでもデフラグが有効とのこと。試しにやってみたら、確かにメニューでつっかかる感じが減った気がする。だが確実にHDの寿命を縮めるので、復元で全て転送し直す方がいいかもしれない。
  • iTunesで曲のプロパティに歌詞をいれると、iPodでは決定キーのトグルの最後に歌詞が表示される。英語の曲の歌詞を覚えるのに最適。フリーソフトのLyrics Masterを使うと、iTunesで再生中の曲の歌詞をインターネットから自動取得できる。

2007-12-06

[] iPod Classic (2)


iPod Classicを使って2週間経った。総じて、大変気に入っている。とりあえず、感想を書いてみたい。

  • 購入時は、iTunesコンピレーションアルバムにチェックをつけたアルバムでもアーティスト名毎に表示されていたが、iPodを1.0.3にアップしてから"Various Artists"というアーティスト名で一つにまとまるようになった。
  • 「接続されています 接続を解除する前に取り出してください」というメッセージは最初とまどった。普通は「接続を解除してから取り出してください」または「接続を解除するまでは、取り出さないでください」じゃないかと思う。「取り出す」→「iTunes上で取り出す操作を行う」、「接続を解除する」→「ケーブルを外す」という意味らしいがわかりにくい。
  • なぜか、日本語フォントが小さくなることがある。「ゃなゎらばー」みたいな感じになる。リセットすると直る。1.0.3にしてからはまだ遭遇していない。
  • カバーフローは面白いが、電池を消費するだけであまり意味を感じない。たくさんあるアルバムをジャンル無視でABC順に繰るのは面倒なので、結局使わなくなった。
  • メインメニューにアートワークがランダムに表示される機能はあまり好きでないのだが、offにする方法がみつからない。
  • 手持ちの曲を全部入れても15GBくらいなので、あまった領域は外付けUSBハードディスクとしてPCのバックアップに使っている。手持ちの外付けハードディスクの中で、これが最大容量だったりする。大変便利。
  • podcastを初めて使ったが、無料で聞ける優良なコンテンツがたくさんあって素晴らしい(英会話など)。
  • 動画は変換の手間がかかるので、まだ試していない。
  • iTunesアートワークを簡単に入手できるのは便利だが、Apple Storeで扱っているアルバムに限られるのは残念。
  • SDオーディオのときは持ち出す音楽を取捨選択する必要があったが、手持ちの音楽を何も考えずに全て放り込めるので、精神衛生上いい。もやもやした悩みが一個減ったような気がする。

2007-11-26

[] iPod Classic 80GB

iPod 購入

ついにiPodを買ってしまった。iPod Classic 80GB + Apple Care。

平均的モバイラならきっとiPodは何台も持っていることと思うが、私は余ったSDを使い回すためにSDオーディオプレーヤ(Sandisk sansa e130)を愛用してきた。これも音質は悪くないし、単4電池が使えるというメリットがある。だが管理する曲が増えてきて、SDをとっかえひっかえするのが大変になってきた。iPod ClassicはHDオーディオの一つの完成型だと思うので、買い時かと思う。

iTunesの最新版を入れ、約15GBのmp3を転送するのに30分もかからなかった。手持ちの曲が全部持ち歩けるというのは素晴らしい。iTunesを使うのが新鮮で、色々遊んでみている。

iPodのメリットは、ホイールのUIが優れているので曲の選択が苦にならないことだと思う。音質は128K程度のビットレートのmp3で聴く限り、Sansaもほとんど変わらない。よい音で聴きたければ、ビットレートを上げるか、イヤホンに投資すべきなのだろう。

問題は電池が内蔵式なことかと思うが、Apple Careに入ったので2年目で交換し、保証の切れる3年目以降はApple以外の交換サービスを利用すればよさそうだ。iTouchの容量が追いついてくるまで末永く使うつもり。

アクセント記号付のファイル名の問題

一つ困ったのは、Windowsでアクセント記号付きのアルファベットをファイル名に使うと、iPodに転送されないこと。

BRILLIANT CLASSICSのBACHをCDexでRemote CDDBを参照してリッピングを行うと、自動的にアクセント記号付きのファイル名になってしまう。これは次で紹介されているBulk Rename Utilityを使うと、アクセント無しのファイル名に変換できることがわかった。これで問題なく転送できるようになった。

デジタル家電系日記 ファイル名にアクセント記号付きアルファベットを含むファイルをリネーム出来るソフト「Bulk Rename Utility」

2007-11-13

[]BRILLIANT CLASSICS (その2)

BRILLIANT CLASSICS のベートーベン、バッハ、モーツァルトの40CD(MASTER WORKS)の件だが、エラーを起こしたCDはその後別のPCで読み取りに成功した。どうも録音時間が70分以上で最外周のトラックがエラーを起こしやすいみたい。

2007-11-11

[]BRILLIANT CLASSICS (その1)

キムラヤグループがヤマダ電機に買収され、新橋烏丸口店が改装されることに。

ここには知る人ぞ知る激安クラシックCDコーナーがあったが、改装後はなくなる模様だ。改装セールで全品10%引きだったので、セールの最終日(11/9)に行ってみた。いつも閑散としているのに、どこにこれだけファンがいたかと思うぐらいの大賑わいで、レジに列が出来ていた。

思い切ってBRILLIANT CLASSICS の モーツァルト、バッハ、ベートーベンの40CD(MASTER WORKS)を買った。全集もあるのは知っているが、大きさを考えると、タンスの肥やしになるのは必定だし、一生かかっても全部聞けないと思うので。各7980円×10%引きなのでHMVの通販よりも大幅に安い。

さっそくPCでリッピングしているが、モーツァルトは40CD中3枚が最終トラックがエラーで読み取れず!無造作に紙ジャケットに入っているので嫌な予感がしたが。安いからなあ。

さすがに手持ちの2GBのSDオーディオプレーヤではきつくなってきた。2GのSDを何枚か買い足す選択肢もあるが、そろそろiPod Classicの買い時かも。