Hatena::ブログ(Diary)

hishidaのblog このページをアンテナに追加 RSSフィード

プロフィール

hishida

hishida

EB series support page 管理人 ブログ

2010-01-01

[] Windows7スタートアップ修復も効かないトラブル

機嫌よく原稿を打っていると、いきなりWindows7が固まり、そのあとはスタートアップ修復でも起動しない状態になりました。

結局次のブログの内容の回復法で復帰しました。

Windows7 スタート修復しても、システム復元しても起動しない

システム回復オプション->コマンドプロンプト

bcdedit /export C:\BCD_Backup

c:

cd boot

attrib bcd -s -h -r

ren c:\boot\bcd bcd.old

bootrec /RebuildBcd

bootrec /fixboot

bootrec /fixmbr

終了して再起動

実はさる出版社から原稿を依頼されて執筆中です。発表できるようになりましたらお知らせします。それまでしばらくEBシリーズの開発が中断すると思いますが、ご了承ください。

2009-09-06

[] LOOX U/B50

使い道のないLOOXを、ヤマダ電機に買い取ってもらった。結局一度もモバイルしなかった。落札価格-買取価格の差額が損になるが、統合辞典のテストのためにやむなし。

2009-08-29

[] LOOX U/B50

「EBWinでLOOX U/B50付属のスーパー統合辞書の広辞苑第6版が読めない」という問題が以前から報告されていた。遅ればせながら対応すべく、LOOX U/B50(2008秋・冬モデル)を入手した。

実はEPWING版のスーパー統合辞書が搭載されていたのはこの2008秋・冬モデルが最後であり、次機種からはONESWINGというクローズドな規格に変わってしまう。VistaのU/B50よりも、Xpが搭載された現行機のほうが実用的だが、選択の余地はない。

スーパー統合辞書の広辞苑第6版が読めない理由は、すぐわかった。CATALOGSではEPWINGバージョンがV6になっているのに、圧縮方法がV4だからである。正しい判定方法としては、CATALOGSの中の圧縮種別を参照すべきだった。JIS X4081にも圧縮種別の記述があるが、「00H:圧縮していないことを示す。 00H以外:圧縮していることを示す。」としか書いていない。実際のEPWINGの実装では、00Hが非圧縮、11HがV4タイプの圧縮、12HがV6タイプの圧縮である。

LOOXについてくるEPWING辞書の中で、学研ニューワイド学習辞典とビッグ・アップル英語辞典はこれまでEPWING化されていなかったもので珍しい。小・中学生向けだが、なかなか侮れない。ちょうど「子供ニュース」の説明が、大人が見ても一番わかりやすいようなものだ。

スーパー統合辞書2008の対応は終わったが、肝心のLOOX Uの使い道がない。コンパクトなのはいいが画面もキーボードも小さすぎて使えない。外付キーボードを持ち歩くのは本末転倒だし。

どなたか欲しい方はいませんか? ソフマップの買い取りだと二束三文で買いたたかれるので、ヤフオクかamazonの中古で出品しようかな。

2008-07-30

[] バッテリリフレッシュサービス その2

バッテリリフレッシュサービス後、バッテリの残り時間の表示がおかしい件は、完全放電・満充電を数回繰り返すも直らず。

あきらめかけたところ、ふと思いついてBIOS Setip Utilityを見ると、「Battery Calibration」という項目がある。これでバッテリの現在の容量をスマートバッテリのマイコンに覚え直すことができるらしい。Battery Calibrationを2回連続して行ったところ、残り時間表示が2時間以上表示されるようになった。やれやれ、無駄な買い物にならないでよかった。

バッテリの放電・充電を行っている間PCが使えなかったので、代わりにsigmarionIIIを持ち出したところ、テキスト入力に大変役に立った。バッテリも中古にもかかわらず実測で6時間ぐらい持つ。

2008-07-26

[] バッテリリフレッシュサービス

Sharp PC-MW70J のバッテリがへたってきて1時間持たなくなってきた。これまでノートPCは大体3年周期で買い換えており、そろそろ買い換え時だが、食指の動くPCもとくにない。

そこでバッテリだけ換えて延命することにした。調べたところ、新品だと16000円ぐらい、バッテリリフレッシュサービスだと、11500円ぐらい。バッテリリフレッシュサービスとは、バッテリパックの殻をわって中のリチウムイオン電池だけ入れ替えるサービスである。やや不安もあるが、バッテリリフレッシュサービスに出すことにした。


業者から返ってきたバッテリを早速使用してみる。最初に満充電・完全放電を数回やる必要がある。確かに3時間ぐらい持つようになった。だが、バッテリの残量表示がどうもおかしい。はじめの40分くらいで残り容量が9%まで急速に減り、そこからローバッテリになるまで2時間以上粘る。

どうもバッテリパックのほうで、交換前のへたった時点の満充電容量を記憶しており、急に容量が増えても記憶内容が変わらないためらしい。しばらく使って様子を見るつもり。