Hatena::ブログ(Diary)

Blue Human このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-11-21

「ゴールデンカムイ」「八雲百怪」「やがて君になる」

| 11:30 | 「ゴールデンカムイ」「八雲百怪」「やがて君になる」を含むブックマーク 「ゴールデンカムイ」「八雲百怪」「やがて君になる」のブックマークコメント

ゴールデンカムイ

明治時代北海道日本兵アイヌの少女が組み、埋蔵金の在処の入れ墨を入れた脱獄囚たちを追う。主人公と脱獄囚を追う師団土方歳三の一味の3つの勢力が入り乱れ、かっこいい渋い男達がぞくぞく登場する。

オススメされて読んだらすごく面白い!アイヌ薀蓄も面白い!アニメ化決定だから後読みしようかと思ってたけど、これは先に漫画読んじゃうな。文字表記のアイヌ語アニメでどう発音されるのか気になるところ。

アニメシリーズ構成高木登さん、キャラデザ大貫健一さん。、おお、期待もてる。制作はまだ作品が虐殺器官しかないジェノスタジオ。おや「刻々」もここか。どっちも原作がとんがってるから、この2作で方向が決まるね。

八雲百怪」

3巻がでてたー!嬉しい。森美夏さん、もう漫画描いてくれないかと思ってただけに。感激。

やがて君になる

仲谷鳰著。既刊4巻。恋を知らない主人公は生徒会役員の先輩から告白される。好きにならなくていいと言われ付き合う内、優等生を演じ無理する先輩に次第に情が育つが、気付かれたら終わりと知り想いを呑み込む。生徒会の劇で何かが。恋は楽しくも辛い。三角要素もいい。趣味的だが繊細で優しい難儀な世界。

2017-11-20

アニメ銀魂とWJヒロアカと雑談

| 16:36 | アニメ銀魂とWJヒロアカと雑談を含むブックマーク アニメ銀魂とWJヒロアカと雑談のブックマークコメント

アニメ銀魂

ポロリ編の後シリアス編やるそうで。めでたい。間に休みが入るのか、そのまま続いてやるのか。でもバトルシーン多いから大丈夫?みたいな心配も。前回もバトルシーン多すぎて銀魂名物だったバトルのアニメアレンジもできなかった感。でもとても楽しみ。「銀魂 銀魂編」かと思ってたら、「ノ」が入り、「しろがねのたましい編」と読むのね。

実写版銀魂

第二弾決定!来年夏の公開予定。もう脚本はできてるそうで楽しみ!

WJ「ヒロアカ」とりあえず、相澤先生よかったああああああ!暗黒展開の可能性色々考えてましたよ。

WJヒロアカ。すごいですな!ご想像におまかせでヒーロー側に事後報告かと思ったらじっくりー。ヴィランはこうでなくては!

臨時子育て日記

娘におそ松ブームが。アニメのイチオシは銀魂「ポロリ篇」「血界戦線 & BEYOND」「十二大戦」「ネト充のススメ、」で「食戟のソーマ」「鬼灯の冷徹(第弐期) 」「おそ松さん(第2期)」「キノの旅」が続くという感じ。おそ松はキャラ萌え要素でと。おそ松今回毒が強いね。より赤塚不二夫らしい感じだが。

ガンダムAGE

アニメだったなと思い出し。手描きメカがグリグリ動くアニメのほぼ最後の世代で。ほんの数年でメカは3DCGに置き換わり隔世の感。メカ物あるだけでも○かも。サンジゲンみたく美麗なメカや「ナイツ&マジック」みたく手描き並に滑らかな動きのメカもあり。

主人公を友情なり執着なり、特別視するキャラがいるとカプできます。だから受攻とも性格は色々。その時点でもう攻は攻に決定。攻次第だから、実は攻好きなのかな。攻のいない主人公は普通。普通に見てたのに攻出現で突然カプ視なることも。でも例外も。人や二次の影響もあったし主人公攻もあったし。今までにないタイプのカプにハマると世界が広がっている気がして楽しいです。

セオリー通り主人公受け一夫一婦制BL

ヒロアカの勝デク、銀魂の高銀、シャカリキユタテル

主人公受け一夫一婦制でないもの、きっかけが二次の物、NL

デュラララは正帝プラス二次影響で総受け、黒子は青黒プラス二次影響で総受け

ガンダムAGE同級生と年下攻、テイルズガイルク・アシュルクと二次影響でユリルク

ミスター味っ子は主人公攻、幽白の蔵飛は二次影響、ブリーチルキア恋次

受け攻めの性格も色々。因縁も色々。

2017-11-19

「青のフラッグ」「アトムザビギニング」「夢印 −MUJIRUSHI−」

| 22:06 | 「青のフラッグ」「アトムザビギニング」「夢印 −MUJIRUSHI−」を含むブックマーク 「青のフラッグ」「アトムザビギニング」「夢印 −MUJIRUSHI−」のブックマークコメント

「青のフラッグ」

ジャンプ+で今日見て今日コミックスを買ってしまった。おお、なんだこれ大当たり。主人公と幼馴染と女子2人の高校生の四角関係の話。複雑で不安定な心情を抱えた少年少女。主人公を好きな幼馴染、少女を好きな女友達。幼馴染と女友達は同性に恋する同類として気持ちを知っている。ジャンプ漫画とは思えないくらい繊細で甘酸っぱくて切ない。しかしサンデーマガジンではありえない要素が。WJ連載経験者らしくセリフも表情も心理描写も上手い。モノローグが誰のものか曖昧にしてるテクニックもあり。これは小説では多いテクニック。映像では音声ではっきりさせてしまうから文字メディアならではの表現といえる。字幕で出来なくはないがつまり文字メディアということ。特に主人公の気持ちをあえて曖昧にしていて間口を広げていて、先が読めなくて面白い。BL初心者にもBL予備群にもオススメ。

「アトムザビギニング」

お茶の水博士がお茶の水くんのおじいさんで登場してびっくり!ええええ!しかも「アトム今昔物語」の設定まで背負ってきた。たしかに原作の2003年をアトム誕生にしないならお茶の水くんでは年齢が合わない。とすると天馬博士お茶の水おじいさんの知り合いではなくなる。

「夢印 −MUJIRUSHI−」

ビッグコミックオリジナル浦沢直樹の漫画が掲載。浦沢直樹×ルーヴル美術館のコラボだそうだけど。借金苦の主人公親子が会った人物はイヤミ?おそ松ともコラボしてる?

刻刻

TVアニメ化!時間のとまった別の世界で、神的な存在の異形の怪物怪物化してゆく人間。植物みたいな昆虫みたいな巨大な怪物のフォルムがとても良かったけど、アニメ化の時期を外してしまったようで残念だった作品。最近過去の作品のアニメ化が流行ってるようで。消費者の望む流行りのものを後追いではなく、新しいものを制作の方からどう?と提示するのは正しいけど冒険。懐古とすれすれてはあるが。過去の有名作品ではなくマイナー作品ならば一般的には初見。もっとも日本では面白いフォルムの怪物はウケる傾向が。まどかエヴァも敵の多彩なフォルムがよかった

2017-11-18

とらのあなさんで取り寄せ販売

| 09:11 | とらのあなさんで取り寄せ販売を含むブックマーク とらのあなさんで取り寄せ販売のブックマークコメント

とらのあなさんで取寄販売が開始されます。

2017/11/22 〜 2017/12/03の期間限定です。対象は既刊本すべてです。

銀魂本「天の原 天つ風「蓬莱の玉の枝」「鵲の渡せる橋」「兜卒の天の食」「子午線の祀り

NARUTO本「Long Long Ago」

以上を扱っていただきます。「子午線の祀り」を除いてほぼR18ですがよろしくお願いいたします。

銀魂本 

天の原 天つ風

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/44/49/040030444943.html

蓬莱の玉の枝

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/38/22/040030382230.html

鵲の渡せる橋

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/24/00/040030240048.html

兜卒の天の食

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/14/70/040030147004.html

子午線の祀り

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/07/17/040030071703.html

NARUTO

Long Long Ago

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/07/73/040030077356.html

よろしくお願い致します。

2017-11-13

「君の名は。」

| 17:09 | 「君の名は。」を含むブックマーク 「君の名は。」のブックマークコメント

君の名は。

男女高校生入れ替わり。過去の災害を防ぐが改変の云々は不問のソフトSF。最近の解釈ならパラレル分岐だが、一般的にはどうでもいいところかな。気になっちゃうけどな。知ってる場所が背景で出てくるのはやはり面白いね。新海誠監督。キャラデザ田中将賀作監安藤雅司、P川村元気。劇中で歌入り挿入歌5回は過多。インストルメンタルのBGMならいいが。挿入歌は山場で1回が一番効果的では。エンタメど真ん中を目指したそうだが、その割には?と思うとこもあり。視聴者の感情はエピで盛り上げるものだが、感情を歌で高めようとしてる風。いつ惚れた?音楽じゃなく脚本で具体的エピソードででそれを示すべきでは。ベタだけど、主人公たちが互いをハンサムやかわいいとか思ったり、鏡にキスしたりすれば伝わった。ほんの少しのエピで観客に感情を共有させるのが脚本のテクニックではと。音楽は感情を喚起するツールだけど、頼りすぎるのは映画としてどうかと思ったり。ほぼPV。主人公がヒロインのおっぱいが好きなのはよくわかったが。冒頭の朗読が新海監督らしい。

最近ライトSFが流行ってるね。SF考証の理屈抜きで「サイエンスフィクション」より、「少し不思議」寄りのSFSF好きの西洋では通用しないかもだけど、東洋ではそのままいけるのかもね。

ヒロアカと十二大戦とロボマスターズ

| 17:08 | ヒロアカと十二大戦とロボマスターズを含むブックマーク ヒロアカと十二大戦とロボマスターズのブックマークコメント

WJヒロアカ。今回も作画凄い。壊里ちゃんの能力は、無ってようは受精卵以前にまで戻る個性ってことやね。いわゆる若返りの個性よね?幼児デクまで戻る2次創作ネタがまさか公式で出るとか?まさか。コナン

デクが100%フルカウルを出すのが目的だったんかな。カチコミ編は。合宿の時の120%も燃えたので作画楽しみ。

でも迂回ルートを通っても目的地には到着する予言の仕組みは思った以上にダーク??

アニメヒロアカ爆豪オリジンをまた見てしまったよ。何度見ても容赦なくてもうすごいな。ステイン編も見たり。今更だけどパパ無双回は大塚健さん絵コンテだったのね。すごいはずだわ。ステイン編は副題飯田オリジンでも合ってたかも。

ヒロアカ16巻。久々にアメコミぽいコマ割り表紙ね。赤黒でかっこいい。ファットガム事務所のメンバー活躍巻だから表紙もね。

今週のWJヒロアカお休み。もう今の話は決着付きそう。でも初めのモノローグで言うほど長いインターンではなかったような気も。突入始まってからはハンターハンターみたいなのやるのかと。大人のミッションに子供が加わり主力になる体感時間の長い短期決戦。でも巻数は14巻後半からおそらく18巻に渡るから今まででは長いのだけれど。体感時間かな。オバホは逃げて次の舞台で決着かなと、思ってたけど。だから長いインターンになるのかななんて。ミリオは血清で助かるかな。無個性になるとエリちゃんにとって重すぎる十字架になるところ。しかしAFOのいる牢に彼も入れるのは危険な気も。オバホの野望は一応潰えたが、根っ子が深いから懲りない感。相澤先生がどうなったのかとても気になるところ。


十二大戦

第一話に岡本信彦さんが出てました。かっちゃん+死柄木という感じのそーとーヤバイ役で次の登場が楽しみ。佐倉綾音さんも出てましたが、これもまた麗日さんとは全然違う狡い感じの役。

ロボマスターズ

山下大輔さんは主人公。ロボットオタクの役なのでデクくんと遠くないけど、性格は割と自信家なので違うかな。中国舞台で中国向けだが日本のアニメスタッフ。そこはかとなく主人公と部長にBLぽい雰囲気もあるんでそれも輸出しようとしてるようである。かな?

雑談

バトルシーンはセクロスシーンの代用という説があります。となるとデクに戦えと迫るかっちゃんはそういうことで。2度のかっちゃん対デクがとてもやらしいのもそういうことかなと。楽しい解釈ができたりします。

娘にショタとロリってなあにと聞かれたり。正しく語源から意味を教えたけど、最近の使われ方は少し違うから意味も違うかもしれないなと思ったり。時々そのものをさして使ったりするような。フランケンシュタインは博士の名前なのに怪物そのものを指して言うみたいに。

ヒロアカと十二大戦とロボマスターズ

| 17:07 | ヒロアカと十二大戦とロボマスターズを含むブックマーク ヒロアカと十二大戦とロボマスターズのブックマークコメント

WJヒロアカ。今回も作画凄い。壊里ちゃんの能力は、無ってようは受精卵以前にまで戻る個性ってことやね。いわゆる若返りの個性よね?幼児デクまで戻る2次創作ネタがまさか公式で出るとか?まさか。コナン

デクが100%フルカウルを出すのが目的だったんかな。カチコミ編は。合宿の時の120%も燃えたので作画楽しみ。

でも迂回ルートを通っても目的地には到着する予言の仕組みは思った以上にダーク??

アニメヒロアカ爆豪オリジンをまた見てしまったよ。何度見ても容赦なくてもうすごいな。ステイン編も見たり。今更だけどパパ無双回は大塚健さん絵コンテだったのね。すごいはずだわ。ステイン編は副題飯田オリジンでも合ってたかも。

ヒロアカ16巻。久々にアメコミぽいコマ割り表紙ね。赤黒でかっこいい。ファットガム事務所のメンバー活躍巻だから表紙もね。

今週のWJヒロアカお休み。もう今の話は決着付きそう。でも初めのモノローグで言うほど長いインターンではなかったような気も。突入始まってからはハンターハンターみたいなのやるのかと。大人のミッションに子供が加わり主力になる体感時間の長い短期決戦。でも巻数は14巻後半からおそらく18巻に渡るから今まででは長いのだけれど。体感時間かな。オバホは逃げて次の舞台で決着かなと、思ってたけど。だから長いインターンになるのかななんて。ミリオは血清で助かるかな。無個性になるとエリちゃんにとって重すぎる十字架になるところ。しかしAFOのいる牢に彼も入れるのは危険な気も。オバホの野望は一応潰えたが、根っ子が深いから懲りない感。相澤先生がどうなったのかとても気になるところ。


十二大戦

第一話に岡本信彦さんが出てました。かっちゃん+死柄木という感じのそーとーヤバイ役で次の登場が楽しみ。佐倉綾音さんも出てましたが、これもまた麗日さんとは全然違う狡い感じの役。

ロボマスターズ

山下大輔さんは主人公。ロボットオタクの役なのでデクくんと遠くないけど、性格は割と自信家なので違うかな。中国舞台で中国向けだが日本のアニメスタッフ。そこはかとなく主人公と部長にBLぽい雰囲気もあるんでそれも輸出しようとしてるようである。かな?

雑談

バトルシーンはセクロスシーンの代用という説があります。となるとデクに戦えと迫るかっちゃんはそういうことで。2度のかっちゃん対デクがとてもやらしいのもそういうことかなと。楽しい解釈ができたりします。

娘にショタとロリってなあにと聞かれたり。正しく語源から意味を教えたけど、最近の使われ方は少し違うから意味も違うかもしれないなと思ったり。時々そのものをさして使ったりするような。フランケンシュタインは博士の名前なのに怪物そのものを指して言うみたいに。