Hatena::ブログ(Diary)

Blue Human このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-08-26

ジャンプあれこれ

| 16:06 | ジャンプあれこれを含むブックマーク ジャンプあれこれのブックマークコメント

僕のヒーローアカデミア

必殺技プラスコスチューム変更編かな。必殺技は既にあるみたいなものだし。裏切り者ネタはひとまずおいておいて。梅雨ちゃんの涙で上手く煙に巻いたねと手腕流石。裏切り者は娘も切島くんだと面白いねというのは同意見で。切島くんの名前が緑谷と同様個性と無関係なのがおかしいと娘。USJでは敵への攻撃を外し、合宿でも戦線に参加してないこと、出番がありつつモノローグがなく考えが不明なところ。怪我人デクを救出に誘った以外にも色々出てくる。とりあえずうちでは暫定切島として。仮免試験編楽しみねと。

かっちゃんといえば、第一話の自殺教唆は必要だったね。そのおかげで彼に好感を持てなくなった作者がデクに敗北させたわけで。敗北のない彼は魅力に欠けたろうなと。敗北のエピソードは大成功。元々デクの自殺的行動の伏線くらいの言葉だったかと。

恋愛要素が微笑ましいが不穏な雰囲気も。少年向けのコンテンツの恋愛要素は、恋愛で引っ張る少女向けと違い必須ではない。パターンとして、戦闘の中にも潤いを「彩りタイプ」、みんな恋しようよ「恋愛脳タイプ」、主人公はモテなきゃ「ハーレムタイプ」、それがヒロインの仕事だろ「古典タイプ」、話の都合で必要「計算タイプ」。恋愛エピソードというものは尺稼ぎで話自体は停滞する。前のめりな作品がわざわざ恋愛を入れてくるのは計算タイプではと。

久々のかッちゃんがデクにイラついててほっとしたり。オールマイトにデクのことを問うたりして認識に多少の変化があったようだけど、それはこれから出るかな。

痛そうなバトル

バトルものは男子向けは痛そうで女子向けは痛そうじゃない。スポーツものだと男子向けは汗臭いが女子向けは汗臭くない。ニュートラルな作品もあるし視聴者の個人差もあるが、普通女子はあまり生々しいのを好まない。作り手がターゲットを絞るのはそこもか。性的な生々しさは少女漫画もまあ取り入れてきてるが戦闘の痛さは好まれないようで。個人的には女子向けは熱血物足りないかな。

WJ 土曜日発売。ヒロアカは息抜きぽいが前のめりな作品だから伏線か布石かなと思ったり。銀魂は久々のマダオギャグ回かと思ったら、彼もシリアス参入とは。

WJ銀魂地球帰還。話はここで一旦終わっていつものギャグ話が再開しても良さげな感じだが、最終章だそうなので引き続き長編だね。すごい作画が続いてたけど、流れがある話は意外と前のめりで早めに描き進んでいけるのかも。短編はネタ作りが時間がかかる感じで作画が押してしまうと。

WJ買ったし。「ブリーチ」最終回。一護大往生して尸魂界で再就職とか思ってた。違いました。ブリーチはかわいい終わりと思うのはナルトとははまり方違うからねと。娘はルキアとじゃないの?と。いやいや。実写映画の発表が。銀魂、楠雄に続いて3作目。何が起こってるの。

少年ジャンプGIGA 」

冨樫・岸本両先生の対談が。質問に答える漫画の描き方的な内容。字が細かくてページ数もありかなり読み応えあり。

岸本・冨樫対談

で一部。スポーツ物もある意味ファンタジーだと。登場人物のドラマを切り口に次第にその異世界を伝える。いきなり異世界ではついていけないから。目的は世界観でドラマは手段。逆は登場人物のドラマが目的で世界はどこでもいい。上記は替えがきかず、後者は換骨奪胎可能なものとなるか。

2016-08-19

小説「劇場版サイコパス」

| 09:01 | 小説「劇場版サイコパス」を含むブックマーク 小説「劇場版サイコパス」のブックマークコメント

小説「劇場版サイコパス深見真著。

狗噛を探して某国を訪れた常守の捜査と再会と某国の陰謀。さすが映画の脚本家だし雰囲気がそのままに登場人物たちの心理が加算されててる。宜野座が友への蟠りを持ちつついい男に。霜月は朱に対抗しつつ六合塚への思いから、彼女が潜在犯であることに疑問を抱き迷いが生じと二期と全く違ういいキャラに。朱は元一係への未練に気づき成長。朱の狗噛の関係は男女だから爽やか清潔感。著者は同性のが雰囲気あるから。バトルシーンが映像的。おまけは事件前の裏の動きや狗噛の次の話への布石みたいな。敵の傭兵支配する島の生活も著者らしい。この手の支配者の残酷場面がありがち描写にはならない安心感というか。男性傭兵も女性傭兵も凌辱するのは男性。だから読みやすい。男女傭兵同士が関係しないのも清潔だし。男性が女性を凌辱するのはよくある表現だけど痛々しい。実際は多いから描かれることも多く、それが男性読者へのエンタメでもあるからしょうがないわけだけど。こう書いてくれると他人事として読める。逆に言えば男性読者は女性のそういうシーンは他人事だから楽に読めるんだなと思ったり。男性作家だから余計。BL女性作家ならあるけどなんか違うし。女性なら当然なのだけど、著者は男性が女性を凌辱する表現が嫌いなのかなと。まあ女同士以外はさらっと流してるとも。

2016-08-18

「ナルト」「ワンナウツ」「キングダム」「モンストアニメ」

| 17:25 | 「ナルト」「ワンナウツ」「キングダム」「モンストアニメ」を含むブックマーク 「ナルト」「ワンナウツ」「キングダム」「モンストアニメ」のブックマークコメント

ナルト

過去編の次は子供時代。流石に最後の迂回ルートかな。原作にもあったなと思い出したカカシ先生素顔ネタ。「無限の住人」の凶がカカシのモデルでイルカ先生のモデルが卍だったね。漫画で一時共に旅してたエピソードで卍と凶のツーショット扉絵見て思い出した。

アニメワンナウツ

つけてたら娘も見てたり。ちょっと何か違うなと気づいたようで。だましあいに手の内を読み裏をかく野球というか。「ライアーゲーム」と同じ作者だよと教えるとやっぱりなと。

キングダム

娘も見てたので秦の解説もしつつ。3DCGと手書きが混じってて手書きになると絵がうまくなるのをおお、と見てる。3DCGでも亜人ベルセルクや上手いのはあるし。サンジゲンとか4'Cとか安心のスタジオもある。キングダムは作品内に両方ありアクションも表情も手書きが上手い。というか、若林厚史絵コンテ回でなんで3DCG?この回こそ手書きだろうと。

「モンストアニメ

坂本龍馬獣神化にアーサー顔見せとタイアップの上手さはさすが加藤陽一脚本。映画になるそうで。今までのアニメそのままで十分2時間くらいはストックありそう。娘が見に行きたいと。バトルの迫力がお気に入り。やはりバトルアニメは派手なのがいいと。

「モンストアニメマーメイドラプソディ 」

追われる謎の美少女とひと夏の恋愛とは昭和のテンプレ。真ヒロインはお色気担当に。脚本は加藤陽一さんだがどうしたモンストアニメ。手垢のつきすぎた古典的なパターンの話をしてみたかったのかな。守られ美少女はやはり魅力ないな。平成の元気ヒロインたちって魅力的だなと再確認。男子に守らせてくれる隙がないけどね。キャラの顔が結構崩れてたしバトル短い。絵のクオリティを1時間持たせるのは難しいか。映画がんばって。

バケモノの子

見損ねた。なんというか、面白いと保証しかね、家族がそんなに興味なさげで。子供向けじゃないし、監督で見る人向けぽいし。細田アニメだからWOWOWでしないかな。

主人公でなく他の男が好きなヒロインについて。

NARUTOといいエヴァといい。作り手が若い頃のリアルなのかも。作劇としてもヒロインを自分に振り向かせるという目標が主人公の向上のモチベーションになる。しかし、作り手も歳を経ると他の男を好きな女にそこまで価値を感じなくなる。しがらみなく好き合う相手が一番に決まってるわけで。結局年を経ると同じ作品でも表現が変わり。NARUTOは好いてくれる女性ヒナタを選び、新エヴァアスカが他の年上男を好きな設定削除。それは作り手が今の本人の好みに合わせたと。そこも作り手のリアルなのかなと。Gのレコンギスタ富野さんが昔風に他の男が好きな女を設定したらそのせいでヒロインが嫌いになった、失敗したと。作劇の都合で主人公のモチベーションのためでも、若い頃は好きな設定でも今は違ったかと。それが年齢のせいか時代の風潮のせいなのか

2016-08-17

夏アニメ感想どかっと

| 12:38 | 夏アニメ感想どかっとを含むブックマーク 夏アニメ感想どかっとのブックマークコメント

モブサイコ100

ラフな絵なのに作画がものすごくうまいのがわかる。レイアウトもアングルも細かい動きも上手い。超能力シーンも亀田アクションで派手。でもラフで実験的だったり。ビビりの偽霊能者と何故か弟子になってる超能力者モブ。100%でどうなるか楽しみ。

その後100パーセントのモブ出た!かっこよかったし。娘も100パーセント見に来たし。ミニエクボ登場で一気に20パーセントupにも娘笑い。

アルスラーン戦記

旦那がなんか動きが変と。確かに。止め絵のアップ顔は丁寧だがアクションが。阿部記之監督絵コンテなのにあれれ。1期のラストのダリューンの剣戟みたいに、見どころに力を集約するつもりなのかな。

チア男子!!

朝井リョウの原作小説が好きなので楽しみにしてたし。漫画化も連載中。柔らかい絵柄は珍しい。というか、浅田弘幸キャラデザの幼い顔立ちなら男子向け。柔らかいアクションに期待。杉田キャラが予想外に面白い。友達が岡本信彦。かっちゃんと真逆ー。最近の風潮だと実写化もしそう。娘に岡本信彦声のキャラを綺麗なかっちゃんと教え。同じ幼なじみ役でもヒロアカと真逆で笑う。娘は暗殺教室カルマくんも同じと知り静かなかっちゃんと。基準がかっちゃんか。

アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd』

引き続き谷口悟朗総監督なんだよね。思いっきりコメディ方向に振ってきたような。いいんじゃないかな。キャラデザ食戟のソーマ佐伯俊原案)だったのね。気づかなかったけど、主人公の顔に傷がついてるのはそれでかと納得したり。趣味かな。

1期の敵がレクター博士にかな。と思ったらさらに1期のもう一人の敵に対抗するため釈放され弟分件ブレーンに。いいね。1期で同僚男女二人共にタイバニにもサイコパスにもならず普通に仕事仲間。関係育てるなら主人公と敵のこっちだろうにもったいないと思ってたし。

食戟のソーマ 弐ノ皿

ちょっとキャラデザ変わった?原作絵より普通のアニメっぽい。OPが王道バトルアニメみたい。「アルスラーン戦記 風塵乱舞」1話目から展開バトルともに盛り沢山。8回なんだっけ。駆け足かな。「orange」映画になったし。「パズドラクロス」娘の掴みOK。亀垣監督はナルトの映画だね。

7話はヒロアカ対決。黒木場VS葉山はかっちゃんVS相澤先生で。かっちゃんだと娘ウキウキ。ついでに学生記者の声を聞いたことあると娘。デクでした。


Re:ゼロから始める異世界生活

リセットするのに凄い絶望感。最終回みたいなED。娘はネタバレ見て発狂するからと最近と引いてたがリセットするから安心だし重要回だしと早送りでAパート。Bパートバトルは見たいと標準速度。娘が知ってるのは死ぬまでだった模様。バッドエンドと思ってたか。一話かけてレムの告白と主人公の立ち直り。アニメにしては冒険なレムの長台詞。でも聞き入る。ちょっとほろりとしたり。ここまでが主人公非常に可哀想だったのもある。

ダンガンロンパ3未来編」

旅行から帰って早速見たいと。見始めてすぐにキャラデザが違うと娘。ほんとに未来編の方は違う。絶望編は前と同じ森田和明さん。だんだん違う感じに見えてきた。娘は森田キャラデザ好きだからすぐわかったのかな。今回人狼ゲームとかで娘楽しみにしてる。未来編の第一犠牲者はこっちのレギュラーか。キャラデザ違うと娘。森田キャラデザは影の付け方と濃さが違うね。ほとんどギャグでPERSONA4のギャグ回思い出したり。闇落ちするまで明るい学園生活かな。岸作品に多いOPEDの遊びが欲しいらしい娘。今回はあるかないか。

何話か過ぎたので娘の評価もできてきたようで。絵は絶望編がよくて話は未来編がいいと。絶望編は森田和明キャラデザだし、未来編は「がっこうぐらし!」の海法紀光脚本だし。うまく配分したものだと。

斉木楠雄のΨ難

娘大爆笑。フラッシュアニメと見まがうチープな感じもギャグアニメにはぴったり。テンポ早いのがいいね。原作をどんどん消化するつもりだにもにやりと。

はんだくん

被害妄想はんだくん。娘がOP見て銀魂みたいだと。脚本は銀魂横手さん。始まる前に前置きアニメかと思いきやこれも本編か?凄い手書きアニメが出てきたりして娘大爆笑。ばらかもんスピンオフとは思えないくらい全然絵柄もテイストも違う。あっちはほのぼのだったよな。

不機嫌なモノノケ庵

毛玉妖怪かわいいと娘。次回も動物霊みたいね。「DAYS」中澤キャラデザらしい感じ。サッカーアクションシーン次第かな。

モノノケとはんだくんはすごい背景がラフ。斉木楠雄のが丁寧なくらい。ある意味少女漫画らしい。

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

エピソード0って。外崎春雄監督はゲームしてないとわからない話作りだから。娘がゲームしないでシンフォニア見るのを想像してむむうと。だからシンフォニアは娘にはあえてゲーム後に見せたし。ゼスやってないからな。アビスはゲームしてなくてもOKだが。ゲームは制作監督押し女キャラが出張って不評とか。アニメは変更してるかな。

タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち〜

キャラデザは好みとはずれるが謎解き的な話がいいなと娘がチェック。結構娘が楽しみにしてたり。昔はこういう楽しく教育できるアニメあったなと。偉人探訪ものなわけだけど、この作品は電気関係の発明者に絞って紹介。オープニングに全員出てるとすると、最期はエジソンかな。

2016-08-13

夏コミ1日目終了

15:29 | 夏コミ1日目終了を含むブックマーク 夏コミ1日目終了のブックマークコメント

夏コミ1日目無事終了しました。

ブースに来てくださった方、目を止めてくださった方ありがとうございました。

新刊はとらのあなさんで扱っていただくことになっております。

販売開始いたしましたらお知らせいたします。

では、夏コミはまだまだ続いておりますが、お疲れさまでした。