Hatena::ブログ(Diary)

串カツ亭人見

2018-02-06 家庭用が出るまでのつなぎ

ボーダーブレイクでの戦い方

ここ数年ボーダーブレイクから離れていたこともあり、
このゲームってどういうゲームだったかなーという思い出すための備忘録的な感じです。
ついでといってはあれですが、家庭用から新規参入をするような方のガイドになるように
できるだけ単語は平易な感じで書いていきます。ご参考になれば幸い。

大まかな流れの話

ボーダーブレイクでは勝敗は左上にあるゲージがより多く減らした方が勝ち!というルールになっています。
ではでは、ゲージを減らすためにはどうすればいいのか?
ゲージを減らす要素は2つ

  • 直接敵陣最奥(ベース)にあるコアを殴る!
  • 相手をぶっ転がす

というもの。
一番わかりやすいのはコアを殴るという行動ですが、これが難しい。
何しろ遠い。遠いのでなかなかたどり着けません。

とすればどうすればいいのか?
単純に考えると「遠いから殴れない」のです。
ならば「近く」してしまえばいいのです。
できるだけ敵コアに近づくために、復帰地点である前線のプラントを確保し、徐々に徐々に近づいていく。
最奥まで押し込んだらあとはベースにのりこめー^^コアを殴れー!^^ってのが基本的な考え方になります。
この戦法を「プラント押し込み」戦法とします。

「プラント押し込み」戦法を整理すると

  • 前線のプラントを確保する
  • そのプラントからどんどん味方が湧いてくる
  • さらに前線のプラントを確保する
  • 敵ベースまで押し込んで、コアを殴ったら俺の勝ち!

という感じです。

コア凸の話

さてさて、この手の戦法、大体奇策に負けます。
邪道で正道を叩き潰すの楽しいっすよね。
その邪道が「コア凸」と呼ばれるもの。凸は突撃の略ですね。
先述では「コアまでが遠いから押し込もう!」だったのですが、
この戦法は「いやいや俺っちのチョッパヤマシンでブンブンコアまで突っ込めばいいっしょwwww」という感じ。
つまるところプラントで押し込まずとも、一人が脇道からガっといってそのままコアをぶんなぐっちゃうわけです。
プラント押しこもうとしている中でこれをやられるとたまったもんじゃない。
でも強いんですよね。うん。速い機体はマジはええんですよ。

「コア凸」戦法を整理すると

  • 俺っちのチョッパヤマシンでちょっとコアまで行ってぶっ壊してきますわwwww

です。楽しいですよ、これ。

防衛の話

この「コア凸」は、前線でわっちゃわっちゃしているときにスルスルーっと脇を通られてやられます。
なのでこの対策として考えるのが「引いて防衛」。
つまるところ自陣の密度を上げていって、コア凸を通す隙間をなくしていこう、という考え方です。
でもこれだと勝つ行為に一番遠くなってしまいます。何せ敵ベースまでは遠くなっちゃいますから。
ただこの策で勝てる方法がきちんとあります。
勝利条件であるゲージを削るもう一つの方法、「敵をぶっ転がす」です。
このゲーム、撃破して相手が再出撃するタイミングでゲージが削れる仕様になっています。
相手を自陣に引き入れて囲んで叩いて殺し続ける。快感ですわー!
ただ、この戦法は敵の足並みがそろって押し込まれるとそのままずるずるという感じで負けます。
「プラント押し込み」戦法に弱いわけですね。

「引いて防衛」戦法を整理すると

  • コア凸を通さず、かつ敵撃破を稼いでいくことでゲージを削っていく

となります。

これまでのまとめ

ここまで3つの戦法を紹介しました。
それをまとめたのが下記の図!
f:id:hitomixi:20180206194618p:image:w640
3すくみになります!というかそうなるように話をしました!
この3すくみが戦場で常にリアルタイムで入れ替わりながら攻防が繰り広げられる!
それがボーダーブレイクってゲームなのです。

というわけで、簡単にですがボーダーブレイクでの戦い方をまとめてみました。
今回は僕が話がしやすいように3すくみにしてしまっていますが、
実際の戦場では様々な戦術・戦法があります。
そういったところに目を向けてプレイできるとさらに楽しくなると思います。
あ、ご意見とかいろいろ募集してます。
「こうじゃねえ!」「これはこうだろ!」みたいなのがあったら、遠慮なくツイッターで言っていただけると幸い。
ちゅーか、最近のボーダーブレイクあんまり知らんので勉強させてください。

2018-02-04 初回のオープンベータテストが終わったわけです。

5年前、熱狂していた自分を思い出しました。

15時から21時までの6時間、ボダブレをプレイし続ける・・・
全盛期なら開店凸から閉店までだったな!よし!健全だな!

というわけで、PS4ボーダーブレイクのオープンベータテストが始まってました。
やはりこのゲーム、面白い・・・!
ボーダーブレイクがどれだけ面白いのかってのを語るときりがないので、
今回は操作面についてのアレソレについて。

ベータテスト参加した皆さんも感じているのがおそらくは操作の難しさ。
特にL3押し込みによるアクションボタンには困ったものです。
というわけで改善策。
一部で見かけるタクティカルコマンダー?とか、コントローラの切断だとか、
自作スタンドとかそういうのは僕にはできないので既製品でパパパッとやっちゃいましょう。

まず、キーコンフィグで押すボタンを変えてしまうことから。
・・・と、思ったのにゲーム内でのキーコンフィグでは変えられない!
仕方がないのでPS4本体側で変えます。

設定>アクセシビリティ>ボタンの割り当てからこんな感じ。
f:id:hitomixi:20180204221831j:image:w360
今回は、L3を十字キー下に設定してみました。
L3はチャットと入れ替わりー。

これでだいぶ操作が楽になりました。
とはいえ、常にコントローラを持ってるのもつらい。
ゲームセンターでは、握っている形で持っていたので猶更。

ならばとスタンドをつけてしまいましょう。

こちらの充電用のスタンドを買いましてー
付けはずしのできる結束バンドで固定しましてー
f:id:hitomixi:20180204221051j:image:w360
ほい、完成!
スタンドに刺すだけだと、荷重が全部MicroUSBの端子にかかるらしく、
折れそうだったので固定してしまいました。
最近は取り外しのできる結束バンドもあるので取り外しも問題なし。

というわけでできましたのはこちらの環境。
f:id:hitomixi:20180204221047j:image:w360

あ、マウスはこちらを買いました。

割とサイズも大きいので手になじむ感じ。
確かこれ、公式推奨マウスだったような気もするので何かあった時も安心!
え、何?6000円のマウスは高い?

ははは!!!
ゲーセンで30戦やったら同じ額だよ・・・・!!!


f:id:hitomixi:20180204221043j:image
ほらね?二日で元が取れたでしょ?

次のオープンベータは再来週とのことですが、
さてはて何か修正されるのか追加されるのか・・・・楽しみですね!

それまでの間しっかりと操作環境を整えて、また再来週、戦場でお会いしましょう。

2018-01-11

ボーダーブレイクの家庭用が出たよって話。

PS4版のボーダーブレイクですよ、PS4版!
10年近く前にアーケード版がスタートしたタイトルがようやく。

え、何それ!?って人は下記リンクよりどうぞ。

  • 『ボーダーブレイク』新プロジェクト発表会

https://www.youtube.com/watch?v=BrTpkjPy1sg

  • 公式サイト

http://ps4.borderbreak.com/

  • PS4版「ボーダーブレイク」がF2Pタイトルとして2018年登場。オープンβテストが早くも2月に開催予定

http://www.4gamer.net/games/999/G999903/20180111043/

しかもこれ、2月からオープンベータテストとか。
2月っていつだよ、うわあと2週間ちょいじゃん!

多分、このブログを見る人は串カツ亭人見ってのが何なのかはご理解いただけてると思いますし、
最近は死んでいたのも知っていたと思います。
まあ毎週朝一でブログ書いて、ロケテにも行ってとか普通に無理!無理よね!

それに加えゲームセンターがちょっと遠くなってしまったってのもあるんですけど。
でもPS4版なら話が変わります。

これ、フリートゥープレイでスタミナ制なしなんですって。
つまるところ、いつでもやりたいときにやりたいだけできるってこと。
これはもうヒャッハー!たまんねえ!って感じじゃあないですか。

リリースから10年近く経つと多くの人は生活環境が変わったりします。
学生だった僕も社会人ですし、結婚して家庭持つ人や、アミバ様みたいに変わらない人もいたり。
そんな人がもう一回集まれる場所として、ボーダーブレイクが生まれ変わったんだなあって思いました。

確かに、SNSなどでのプレイヤー同士の誹謗中傷やら、
ゲーセンでのリアル凸とかいろいろあった部分はありますし、
そういった負の部分がPS4版でもないとは言い切れません。
でもまあ、こうして再びみんながわいわい遊べる場ができてるってのはとても幸せなことだと思います。
だって普通、10年もタイトル続くことってないからね!?

というわけでして、串カツ亭人見も復活してみようかなーと。
以前みたいにガツガツブログ書くことは難しいかもしれませんが、
これから遊ぶ人や遊んでる人が楽しめるようなガイドができる、そんな記事を書いていきたいなあと思ってます。
コンゴトモヨロシク。